ニュース&レポート

阪本順治監督、キューバの撮影で「ラテン気質に助けられた」『エルネスト』製作秘話語る

エルネスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
10月6日(金)公開、オダギリジョー主演&阪本順治監督による、日本・キューバ合作映画『エルネスト』の日本記者クラブ試写が実施され、上映前に阪本順治監督が登壇した。
阪本順治監督、キューバの撮影で「ラテン気質に助けられた」『エルネスト』製作秘話語る

今年2017年に没後50年を迎えるキューバ革命の英雄“エルネスト・チェ・ゲバラ”。革命家、反帝国主義のカリスマとして、また、革新を想起させるシンボルとして今もなお世界中でゲバラの存在は明確に息づいている。映画『エルネスト』は、そんな彼の“意志”に共感し、ボリビアの軍事政権との戦いで、1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ前村ウルタードの知られざる生涯を描いたドラマ。

冒頭に阪本監督は、日本記者クラブでの試写会ということで、普段あまり話すことのない阪本監督の大学時代から、映画監督になるまでのエピソードが語られた。さらに、「学生時代に新聞会というクラブ活動をしていた。そのため、自然とゲバラに興味を持っていた」と話し、「2013年、ある映画の脚本を書くため、日系移民の方を調べていたら、ボリビア日系移民のフレディ前村を知り、とても興味を持ちました」と、今作の製作にあたるきっかけも語られた。

また、製作において最も重要だったのはキャスティングだったと語る阪本監督は、映画において、キューバ人の役者が“チェ・ゲバラ“を演じたことは今まで一度もないという裏話を披露し、さらに「フィデル・カストロも映画に登場するが、当時はまだ生きていたため、その役者を見つける作業も難航した。しかし、キューバのスタッフから、”結局その俳優が持っているアイデンティティや精神性などが大事であって、再現ドラマではないのでそっくりな人を求めるな”、という助言もあり、無事キャスティングにこぎつけることができた」と、実在の人物を描く大変さも吐露した。

また、自身も会ったことのないゲバラやカストロについて、「『ゲバラはそうじゃない』と指示していたのがとても不思議な感覚だった」とも話す監督は、キューバでの撮影の中、「暑さでキューバのスタッフと体格差のある日本人スタッフは体調管理が上手くいかない面もあったが、キューバの人々のユーモアのあるラテン気質に随分助けられた」と、キューバのスタッフとの良好な関係性が垣間見えるエピソードも披露した。

また映画の見どころについては、「キューバ(の話)に行く前に、1959年広島のシーンがある。ゲバラが日本を使節団として、外務省から認められてない広島行きを強行したシーンも綿密に取材を重ね再現している」と語った。
2017年8月24日
『エルネスト』
2017年10月6日(金)TOHOシネマズ 新宿他全国ロードショー
公式サイト:http://www.ernesto.jp/