ニュース&レポート

岡田准一、阿部寛の感謝の言葉に「泣いてもいいですか?」『エヴェレスト 神々の山嶺』初日舞台挨拶

エヴェレスト 神々の山嶺

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
夢枕獏の世界的大ベストセラー「神々の山嶺」を完全映画化した『エヴェレスト 神々の山嶺』が、12日(土)に初日を迎え、主演の岡田准一をはじめ、阿部寛、尾野真千子、佐々木蔵之介、ピエール瀧、風間俊介、平山秀幸監督らが舞台挨拶に登壇した。
岡田准一、阿部寛の感謝の言葉に「泣いてもいいですか?」『エヴェレスト 神々の山嶺』初日舞台挨拶

会場となったTOHO シネマズ スカラ座には、映画を見終えたばかりで熱い物語の余韻が冷めやらない様子の観客で埋め尽くされた。会場に岡田、阿部、尾野、佐々木、ピエール、風間、監督の総勢7名が登場すると、豪華キャスト陣を前に割れんばかりの拍手が巻き起こった。

岡田は観客全体を見渡しながら「原作の熱い思いを映画化するということで、みなさんに熱を届けられるようにがんばりました。この熱が届けばうれしいです。こうしてみんなで並ぶと、1年前の撮影のことを思い出しますし、ネパールのスタッフやみなさんの協力があってここに立てているのを幸せに思います」と丁寧にあいさつ。続く阿部が「今日は寒い中、さらに寒い映画にありがとうございました。1年前、命懸けでエヴェレストで撮影してきました。その情熱を感じてもらえたらうれしいです」、ピエール瀧は「ハーハーする映画でしたけども、空気っていいよね!」、風間は「本当にエヴェレストに登っている時の深町と羽生の目がすごいとんでもないことになっていたと思います。今日の2人の目との違いを楽しんでいっていただけたら」とコメントした。監督も「1年前の今日はまだ(エヴェレストで)目的地までたどり着かずに4,800mあたりをうろうろしていました。1年経って、やっと下山してきたという気持ちです」と初日を迎えた喜びを語った。

深町と羽生、命を懸けてでも夢に向かって挑む姿が感動を呼ぶ本作。「大切なものを犠牲にしてまでも、何かにのめり込んで挑んだ事は?」という質問に、「これは阿部さんが相当なお答えを持たれていると思います」と岡田から突然の無茶ぶり。阿部は「キミね、いつも僕に…!最悪な振りしてくれたね!」と返すが、今度は岡田から風間、佐々木へと飛び火し、佐々木は「こんな映画を見た後に、(深町と羽生以上に)自分が命を懸けてまで犠牲にすることってあるわけないやん!」とツッコミが入り、会場が大爆笑に包まれた。

あらためて岡田が、エヴェレストの撮影では「何が起こる状況か分からなかったので、そういう意味では命を懸けた挑戦です」とコメント。尾野も「エヴェレストに挑戦したのは、命を懸けていろんなことを犠牲にしましたし」と続け、監督も「大きなものを犠牲にしたという意味では(この)映画ですね。映画のために迷惑をかけてみんなに大変な思いもさせたけど、今こうやって楽しくいられる」と語った。

エヴェレスト現地での撮影について岡田が「ネパールで震災もありましたし、日本での震災と時期も近かった。20年仕事をしているので、応援してくださる方に支えられて今があると思いますし、この現場では先輩(阿部)のお背中を見ながらやりましたし、芝居の勉強もさせていただきました」と振り返った。阿部も「山は本当に大変だったんだけど、岡田くんはみんなの前を歩いて全部の雰囲気を読んでくれて。16歳も下だけど、過酷な現場を背負って。すべてのスタッフに優しいし、尾野真千子さんもそうだけど気を配ってくれました。若いのに、ありがとう」と主演の岡田への感謝とねぎらいを述べると、岡田は阿部の方を向きながら「今日、俺泣いてもいいですか?」とコメント。会場から大きな拍手が起こった。

過酷な撮影をやり遂げた思いは登壇者みな同様で、尾野は「役者は(高山病などで)下山してしまったら撮れなくなるので、本当にまわりのみんなにいろんなことに気を使ってもらいました。スタッフの人には本当に感謝したい」と述べ、佐々木は「僕の撮影はみなさんがネパールから帰って来てからだった。みんなが力強くて、スタッフ、キャストの背中をみて『ああ、ついていこう』と思いましたね」と振り返った。ピエールも「山の大変さとかわからない部分もあるんですけど」としつつも「僕も子ども番組で真冬の富士山に登らされたことがあるんですけど、山のプロの人が『山は登るよりも下りる方が大変、下山が大事だ』と言っていて。登るのは撮影して、映画が出来て。そこからの下山というのはみなさんが紹介してくれたり見てくれたりとか、そっちが大事だと思うんです。みなさん、下山の方よろしくお願いいたします」と本作を登山に例え、観客に思いを託した。

風間は「スタッフ、みなさんのエネルギーが本当にすごくて、関わったみなさんの思いが詰まった映画だと思います。一昨年僕をすごく応援してくれた祖父が亡くなったんですが、エヴェレストは天国に近いと思うので、祖父が喜んでくれたらいいなと思っています。感謝している祖父にこの映画を見てもらいたいです」と祖父への思いを語った。

本作で、エヴェレストに賭ける男たちの熱い挑戦を見届ける“待つ女”涼子役を演じた尾野には、司会から一番「カッコいい」と思うキャラクター、逆に「この人とはやっていけない」と思うキャラクターは誰?と質問が飛ぶと、尾野は「この作品の男の人たちってとんでもないことするじゃないですか。女性からしたらどうしてこんなに待たなきゃ?って思ったりもするけど、かっこいいって言ったら深町かな?」と深町推しのコメント。逆にやっていけないなと思うのは「羽生…ですかね」と阿部を見ながら答えると、阿部が「あんなに愛し合っていたのに。どこがダメでしたか?」と腑に落ちない様子。尾野の「待っている身として、(涼
子を)ほっておきましたよね?ネックレスだけ渡されてもね」
と厳しい一言には阿部も「すみません…」と演じた羽生に代わって謝罪。ここでも会場は笑いに包まれた。

岡田准一、阿部寛の感謝の言葉に「泣いてもいいですか?」『エヴェレスト 神々の山嶺』初日舞台挨拶

そしてこの日はホワイトデー目前ということで、紅一点の尾野、男性キャスト陣から超特大エヴェレストケーキのサプライズが。エヴェレストの標高8,848mにちなんだ1万分の1スケール、高さ88.48cmのケーキのあまりの迫力に、尾野は口をあんぐりさせ、驚きを隠せない様子。岡田が「尾野さんは元気な姿で、現場で女性一人なのに気を使ってくれて、すごく元気をいただいて感謝しています。心強く共演させていただきました。ありがとうございました」と男性陣を代表してホワイトデーのお礼を述べた。

最後に岡田が「本日から公開しました。切ないほどに挑戦する男たちと、信じて待つ女性たちの物語です。ぜひ劇場で迫力の映画を見ていただけたら。そしていろんな方に薦めていただけたらうれしいです」と挨拶しイベントを締めくくった。
2016年3月14日
『エヴェレスト 神々の山嶺』
2016年3月12日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://everest-movie.jp