ニュース&レポート

「ヒーローは遅れてくるもの」遅刻の窪塚洋介を、井浦新がフォロー 『ジ、エクストリーム、スキヤキ』イベント

ジ、エクストリーム、スキヤキ

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
11月23日(土)より公開される『ジ、エクストリーム、スキヤキ』の大ヒット祈願イベントが開催され、『ピンポン』以来11年ぶりに共演を果たした井浦新と窪塚洋介、本作で初監督としてメガホンを取った前田司郎監督が登壇。さらに、料理愛好家の平野レミも駆けつけ、登壇者に「特製大ヒット祈願スキヤキ」が振る舞われた。
「ヒーローは遅れてくるもの」遅刻の窪塚洋介を、井浦新がフォロー 『ジ、エクストリーム、スキヤキ』イベント

映画『ジ、エクストリーム、スキヤキ』は、劇団五反田団を主宰し、演劇「生きてるものはいないのか」で岸田戯曲賞、小説「夏の水の半魚人」で三島賞、ドラマ「お買い物」ではギャラクシー賞優秀賞を受賞するなど、ボーダレスに活躍するクリエイター前田司郎が、自身の同名小説で映画監督に初挑戦。15年間絶縁状態だった学生時代の親友同士が再会し、“エクストリーム”な旅に出る姿を描いたロードムービー。出演は『ピンポン』以来11年ぶりの共演となる井浦新と窪塚洋介。2人の旅に巻き込まれるヒロインを市川実日子と倉科カナが好演する。

イベントでは、窪塚が遅刻の為に遅れて登場するというハプニングもあったが、「ヒーローは遅れてくるもの」との井浦のフォローもあり、無事にイベントがスタート。井浦は続けて、「窪塚くんとは『ピンポン』から11年ぶりの共演で、凄くうれしかった!現場は2度目だけど、その間もコンタクトをとっていたので、安心して演技ができ、楽しい現場でした」と再共演を振り返った。

一方、窪塚は、「僕が今日遅刻したのは監督のせいだと思います!大川役に入り込みすぎてしまって、撮影中も衣装のまま家に帰るということを生まれて初めてやりましたし、それくらい脱力系な空気感のゆる~い映画です!」と遅刻の言い訳をしつつ、「11年前に『ピンポン』といういい作品に出会い、いい出会いがあり、今回またこのようないい作品での良い出会いができたことは嬉しく思います。何でもない日常が特別になることに気づけるそんな映画だと思う。4人で車で小旅行をする話なので、(映画を観る人には)5人目の搭乗者になって欲しいです」とアピール。

また、「大人になりきれていないなぁと思う瞬間は?」という質問に対して井浦は、「僕自身の生き方が、周りの人に迷惑をかけてばかりで全然大人になれていないと思う」。窪塚も「僕らは大人でもない子供でもない「こどな」なんですよね。僕は10代後半の時に大人になったら自由に生きられないと思って、大人になることをやめました。自分の道を行く!というか。ピーターパン症候群ですね」と窪塚節を交えながら回答した。

本作で初メガホンをとった前田監督は、「僕は普通の監督と違って映画をそこまで観ないし、逆に普通の監督がしないような、素人にしかできないことをやりたい!と思っていたのですが意外とそつなくこなせちゃいました」と映画の現場を振り返り、作品への自信をうかがわせた。

イベントでは、料理愛好家の平野レミが駆けつけ、映画のタイトルにちなんだ「特製大ヒット祈願スキヤキ」が振る舞われ、平野は「ポイントは映画にも出てくる「豚肉」で作ったところです!私はさらにクレソンを入れます!レミパンで作るとおいしいのよ!」と説明。映画についても「この映画は、長風呂に入ったみたいにホッコリ、ほのぼのとした気持ちになれる映画ですね」と感想を述べた。
2013年11月14日
『ジ、エクストリーム、スキヤキ』
2013年11月23日(土)テアトル新宿、ほか全国ロードショー
公式サイト:http://ex-sukiyaki.com/