ニュース&レポート

デンゼル・ワシントン×ロバート・ゼメキス『フライト』ワールドプレミアが、NYで開催

フライト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
オスカー俳優デンゼル・ワシントン主演、ロバート・ゼメキス監督による衝撃と感動のサスペンス大作『フライト』(2013年3月1日公開)。本作のワールド・プレミアが、14日(日)、第50回ニューヨーク映画祭にて開催され、ロバート・ゼメキス監督とデンゼル・ワシントンらが出席した。
デンゼル・ワシントン×ロバート・ゼメキス『フライト』ワールドプレミアが、NYで開催

高度3万フィートで、ウィトカー機長(デンゼル・ワシントン)が操縦する飛行機が不慮のエンジントラブルを起こすが、機長の咄嗟の判断で緊急着陸に成功し大惨事を逃れ、多くの命を救った。それは、どんな一流パイロットにも不可能な、まさに奇跡の操縦だった。マスコミは彼の偉業を称え、彼は一躍国民的なヒーローとなる。しかし、その後の調査である疑惑が浮上する。彼の血液中からアルコールが検出されたのだ。“ヒーロー”は一夜にして地に堕ちた。あの時、機内で一体何があったのか? 次々に暴かれる、多くの人々の人生を巻き込む驚愕の事実。彼は、ヒーローなのか、犯罪者なのか──?

『グローリー』『トレーニングデイ』のオスカー俳優デンゼル・ワシントンを主演に、『フォレスト・ガンプ/一期一会』のロバート・ゼメキス監督が描くサスペンス大作『フライト』が、10月14日(日/現地時間)、第50回ニューヨーク映画祭のクロージング作品として、世界初上映された。名匠と名優の初タッグにして、2013年アカデミー賞最有力候補だけあり、会場のアリス・トゥリー・ホールには、多くのファンと報道陣が駆けつけた。

爽やかな秋晴れの中、颯爽と登場したデンゼル・ワシントンは、「とてもいい脚本だったよ。役者として探究するのに面白い世界があった。それと『フライト』は、亡くなった僕のエージェントのエド・リマートが、僕のテーブルに置いてくれた最後の脚本だったんだ。義務を感じたとは言わないけど、彼のためにそれらをやりたいと思ったんだ。それにロバート・ゼメキスが加わった。「すごい!」って思ったよ」と、出演への経緯を明かした。

デンゼルとの初タッグとなるゼメキス監督は、オスカーへの意気込み聞かれ、「それは、どうかな(笑)デンゼルが主演だからこそ、可能になった作品だよ。彼の演技のすべての瞬間に驚かされたよ。いつもあまりに素晴らしくて信じられないくらいだった。この映画を作る楽しみは、仕事に行って、デンゼルの演技を見ることだったよ。本当にワクワクしたよ」とデンゼルの演技を大絶賛。本作への自信の表れを感じさせるコメントで締めくくった。

この日、会場にはデンゼルとゼメキス監督のほか、共演者のケリー・ライリー、ジョン・グッドマン、メリッサ・レオ、ブルース・グリーンウッド、ドン・チードルらも顔を揃え、ワールド・プレミアを盛り上げた。

映画『フライト』は、2013年3月1日(金・映画ファーストデー)より丸の内ピカデリー他にて全国公開される。

『フライト』
監督&製作:ロバート・ゼメキス
製作:ウォルター・F・パーク、ローリー・マクドナルド
脚本:ジョン・ゲイティンズ
出演:デンゼル・ワシントン、ケリー・ライリー、ドン・チードル、ジョン・グッドマン、メリッサ、レオ
2013年3月1日より(金・映画ファーストデー)丸の内ピカデリー他全国ロードショー
(C) 2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
2012年10月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『フライト』
2013年3月1日(金・映画ファーストデー)より、丸の内ピカデリーほかにて全国ロードショー
公式サイト:http://flight-movie.jp