ニュース&レポート

ウィル・スミス「いつもBIGな詐欺をやりたいと思ってた!」主演最新作『フォーカス』LAプレミアに出席

フォーカス

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
『アイ・アム・レジェンド』『メン・イン・ブラック』シリーズのウィル・スミスが、超一流の天才詐欺師を演じる主演最新作『フォーカス』。全米公開を直前に控え、ウィル・スミス、マーゴット・ロビーらが登場するワールドプレミアがハリウッドのチャイニーズ・シアターにて実施された。
ウィル・スミス「いつもBIGな詐欺をやりたいと思ってた!」主演最新作『フォーカス』LAプレミアに出席

本作の主演は、世界中で圧倒的人気を誇るハリウッドのトップスター、ウィル・スミス。「世界で最も稼いだ俳優(フォーブス誌)」としても知られる彼が、映画の中でも鮮やかな“詐欺”で稼ぎに稼ぎまくる。ヒロインには『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で新世代のセクシーアイコンの呼び声も高い、マーゴット・ロビー。監督は『ラブ・アゲイン』など 洒脱な大人のドラマ描写に定評のあるグレン・フィカーラ&ジョン・クレアが務める。

また、“世界最高の天才スリ師”として著名なアポロ・ロビンスが顧問を務め、人間行動学に基づいた〈騙し〉のテクニックを大胆披露。ウィルのセクシーな話術と手さばきに観客も一気に騙される華麗な犯罪劇から、一瞬たりとも目が離せない。

ワールドプレミアが行われたチャイニーズ・シアターの沿道には、老若男女のファン1,000人以上が詰めかけ、“ブラック”カーペットにウィル・スミスが妻のジェイダ・ピンケット・スミスと共に登場するとファンからは大歓声が上がった。ウィルはSPに遮られながらも多くのサインに応え、そのサービス精神旺盛な姿に、ファンだけでなく世界各国から集まったマスコミからも大絶賛された。

映画についてウィルは「この監督は『ラブ・アゲイン』の監督で本当にかしこい天才だ。物語はユニークだし、見たこともない素晴らしい映画だと思う」とアピール。詐欺師という役柄について「詐欺ね!いつもやりたいと思ってたんだよ、ビッグな詐欺を!人をあっと言わせるようなビッグなやつをね!」とゴキゲン。最後に日本に向けて「ヘイ!日本のみんな、調子はどうだい?映画『フォーカス』を見てくれ!」とメッセージを贈ってくれた。

ウィルに絶賛されたジョン・クレア監督も、「日本を愛してるし、和食も大好き、是非呼んでくれたら、喜んで日本にいくよ!」と語ると、グレン・フィカーラ監督も続けて「できるだけ多くの人が観てくれたら儲かって、日本に行けるね(笑)」と“訪日希望”のメッセージを贈った。

さらに、アカデミー賞のプレゼンターも務めたマーゴット・ロビーは肩を出したブラックのシースルードレスで、自慢の美脚を大胆に披露。そのセクシーな姿に報道陣からのフラッシュは止まず、フォトコールに答えて笑顔をみせた。

ラストには観客の<視線(フォーカス)>をも欺く、究極のドンデン返しが待っているという本作。騙すか、騙されるか、この二択しかない世界で観客が最後に掴む真実とは?映画『フォーカス』は5月1日(金)全国公開予定。
2015年2月26日
『フォーカス』
2015年5月1日(金)全国ロードショー