ニュース&レポート

永山絢斗、初日から毎日バスローブの撮影に「不思議で刺激的」『ふがいない僕は空を見た』初日舞台挨拶

ふがいない僕は空を見た

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
2011年本屋大賞2位、第24回山本周五郎賞を受賞した窪美澄の同名小説を映画化した『ふがいない僕は空を見た』が11月17日(土)に初日を迎え、W主演の永山絢斗、田畑智子の他 窪田正孝、小篠恵奈、原田美枝子、タナダユキ監督が舞台挨拶に登壇した。
永山絢斗、初日から毎日バスローブの撮影に「不思議で刺激的」『ふがいない僕は空を見た』初日舞台挨拶

映画『ふがいない僕は空を見た』は、助産院を営む母子家庭で育った高校生・卓巳(永山絢斗)と、あんずと名乗るアニメ好きの主婦・里美(田畑智子)を軸に、彼らを取り巻く人々の苦悩や葛藤、そしてそして一筋の光を見つけて再生するまでを繊細に描いた人間ドラマ。日本映画監督協会新人賞を受賞した『百万円と苦虫女』のタナダユキ監督4年ぶりの長編作品で、『ハードロマンチッカー』の永山絢斗と、『血と骨』の田畑智子がW主演を務める。

上映終了後の舞台挨拶に立った永山は、撮影を振り返り、「クランクイン初日からベッドシーンで毎日バスローブで不思議な感じでした。刺激的な現場でしたが楽しかったです」とコメント。年上女性とのラブシーンも話題の本作だが、その関係性については、「恋愛は自由なんじゃないですかね(笑)。年上の女性の魅力を感じました。原作を読んだんですが、卓巳の気持ちがすごいわかってやりやすかったです」と語った。

「とても思い入れのある作品なので、今日という日を迎えることをすごく楽しみにしていました」と挨拶した田畑は、「彼女(里美)の感情を最優先に毎日考えていました。すごく複雑なシーンが多かったので、画面から伝わればいいなと考えていました」と役作りを明かした。

卓巳の親友・福田を演じた窪田は、「台本を読んだ時から、役どころの難しさを感じていました。高校生の役なんですが、言葉にならない気持ちを表現したいと思いました。人生苦しいのは当たり前という感じがします」。助産師である卓巳の母親を演じた原田は、「この作品は脚本がよく、それぞれの立場の環境がよく分かる作品です。タイトなスケジュールで厳しい制作現場でしたけど、キャストとスタッフが力をあわせて楽しくやることができました」とコメントし、役作りにあたっては実際の助産師に会って話を聞いたそうで、「私も出産経験があるので、お話しを聞いてとても素晴らしいことだと思いました。これから産む人にはぜひおすすめしたいです(笑)とても人間的な感じがします」と感銘を受けたことを明かした。

監督のタナダは、「4年ぶり監督作でしたが素晴らしいキャスト、スタッフのお陰で乗り切ることができました」と感謝の言葉を述べ、「同じ街に住んでいる色々な人達を描きたかったんです。どこの街を拠点にして撮影するかはこだわりました。カメラの横でお芝居を見ることがこんなに贅沢なことなのかとひしひし感じた現場でした」とコメント。

最後に永山は、「今日この場に立てて嬉しく思います。本当にいい作品に参加できてよかったなって思っています」。田畑も「沢山の人の思いが詰まった作品です。皆さんの心に残る作品になればいいと思います」と客席にメッセージを送った。
2012年11月19日
『ふがいない僕は空を見た』
2012年11月17日(土)テアトル新宿他全国ロードショー
公式サイト:http://www.fugainaiboku.com