ニュース&レポート

「耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由」著者・金修琳が、立川ろう学校で特別講義 ─ 映画『ホームランが聞こえた夏』

ホームランが聞こえた夏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
韓国の実話を基に描いた青春映画『ホームランが聞こえた夏』(8/27公開)の公開を記念し、立川ろう学校で、「耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由」の著者・金修琳を招き特別講義イベントが開催された。
「耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由」著者・金修琳が立川ろう学校で特別講義 ─ 映画『ホームランが聞こえた夏』

映画『ホームランが聞こえた夏』は、天才ピッチャーと評されながらも、後発性難聴に冒され聴覚を失った高校生と、度重なる不祥事を起こし、プロ野球界から追放寸前のエースピッチャーが、韓国のろう学校野球チームと出会い、全国大会1勝を目指し奮闘する姿を描いた青春映画。

8月6日(土)、立川ろう学校の生徒・保護者に向けた上映会では、上映中に涙を拭う人も多く、感動の余韻が残るなか、「耳の聞こえない私が4ヵ国語をしゃべれる理由」の著者である金修琳(きむ・すーりん)が登場し、会場は温かい拍手に包まれた。

本作の内容に感銘し、オピニオンとしてプロモーションに協力している金は、「私は今、このように普通に大勢の前でスピーチをしていますが、みなさんと同じように聴覚障害をもっています。この映画を観て、ものすごく共感をし、感情を越えて涙しました」と挨拶。自己紹介では、「私は韓国で生まれ、6歳になるころに聴覚を失いました。この映画のピッチャーと同じように、後発性難聴です。耳が聞えなということを周りに受け入れてもらえず、健常者として育てられてきました。理由もきかされないまま、小学六年生のころに日本に連れてこられ、四苦八苦な毎日でしたが、今では4カ国語を話し、会社勤めをしています。でも、これは私がスペシャルということではなく、努力してきたからこそであり、今は結婚もし、子供にも恵まれた生活をおくることができています」と話した。

さらに、「聴覚障害というものは健常者に理解してもらうのにとても忍耐を要します。偏見と向き合わなくてはなりません。偏見というのは悪意から生まれるものばかりとは限らない。映画のなかでも、聴覚障害をもった子供たちに野球をやらせるべきではないと議論するシーンがありますが、あれも悪意があるわけではなく、本人たちの立場になっていないですよね。大切なのは“戦うスピリット”、“ハンディに負けない、ハンディを理由に逃げない”ことです。ハンディキャップを受け入れ、人と違うということを受け入れる。困難なことにもしっかり向き合い、何ができるかを模索することが、社会に出るうえで重要です」と語り、4カ国語を話すきっかけ、さらに苦労談を交えながら、これから社会にでる生徒たちにむけてアドバイス。そして、「ただ待っているだけでは、自分が望むような環境にはなりません。相手に理解してもらおうとチャレンジすることは、トラブルが起こることもあります。でも、先につながることもあります。(どんなかたちであれ、)心から伝えたメッセージは必ず伝わると信じています」と熱く語った。

最後に、生徒から、「手話を身につけようとは思わないのですか?」と質問された金は、「家族は手話ができないので、覚えるきっかけがありませんでした。でも手話は習得しやすいので、もし手話ができるようになったら5カ国語目をマスターしたことになりますね(笑)」と笑いを誘い、「みなさんによりよい未来が待っていることを、心から祈っています」と、生徒たちへの激励の言葉で締めくくった。
2011年8月9日
『ホームランが聞こえた夏』
2011年8月27日(土)シネマート新宿、銀座シネパトスほか全国ロードショー!
公式サイト:http://www.homerun-movie.com/