ニュース&レポート

「ソンさんに何度も抱いていただいた」樹木希林に羨む悲鳴…アジア版『ゴースト』初日舞台挨拶

ゴースト もういちど抱きしめたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『ゴースト ニューヨークの幻』を、日本を舞台に置き換えた『ゴースト もういちど抱きしめたい』が、11月13日に初日を迎え、丸の内ピカデリーでの舞台挨拶に、松嶋菜々子、ソン・スンホン、鈴木砂羽、樹木希林、芦田愛菜ら出演者と大谷太郎監督が登壇した。
画像:「ソンさんに何度も抱いていただいた」樹木希林に羨む悲鳴…アジア版『ゴースト』初日舞台挨拶

舞台を日本に移し、男女の設定も置き換えられたアジア版『ゴースト』。本作で、愛する人を残して命を落とし、ゴーストとなった主人公・七海を演じた松嶋は、「アジア版として設定が変っているので、新鮮に観て頂けたかと思います」と挨拶し、「七海は、初めて出会ったジュノ(スンホン)に、直感的に惹かれていったので、その気持ちのまま、深く役作りせずに演じました。一つ一つのシーンを丁寧に積み重ねていくことで、二人の過ごした時間を濃密なものにしたいと思い、食欲がなくなるような緊張感の中で撮影していました」と、撮影を振り返った。

さらに、劇中では松嶋が微妙なムーミンの絵を披露するシーンがあるが、これについて松嶋は、何やら言わずにはいられないことがある様子。「ムーミンの絵について、最近、「菜々ちゃん、本当に下手!」と言われるんですが、あれは決められた絵なんです(笑)」と、役作りであることを強調し、鈴木砂羽も、「一緒に書いたんですけど、松嶋さんの描かれたムーミンは上手です(笑)」と、しっかりフォローした。

ソン・スンホンは、「オリジナル版以上の感動を伝えたいという気持ちで撮影しました。言葉も国籍も違う中で、自分にとっては挑戦でしたが、出演を決めました。人と人が出会い、愛の気持ちを交わすという部分では、「言葉は全てではない」と思うことができました。とても素晴らしい経験、思い出ができたと思います」と語った。

一方、インチキ霊媒師・運天を演じた樹木希林は、劇中と同じ、自前の衣装で登場。「ねぇ、ばあや、来てる?どこなの?映画はどうだった?」と、運天のように呼びかけると、客席からは笑いと盛大な拍手が起こり、樹木は満足気に微笑んだ。そして、初共演となった松嶋の印象について聞かれると、「背が高いし、顔が可愛くて綺麗。でも、一番いいのは、性格が真っ直ぐで、男の子みたいなところ」と、コメント。そして、スンホンについては、「言葉がなくても…抱いて頂きました(笑)」とはにかみ、「映画になっている部分は少ないんですけど、リハーサルを何度も何度もしつこくやったので…」と話すと、客席からは羨むようなどよめきが…。さらに、大谷監督は、「希林さんは、ご自分のカメラと三脚をお持ちになり、スタジオの隅でソンさんと記念撮影をしていましたね(笑)」と暴露。これに対して樹木は、「役得よ!」と言い放ち、会場を笑わせた。

また、本作は、11月25日より韓国でも公開されるほか、台湾、タイ、香港、シンガポールで公開されることが決定。大谷監督は、「松嶋さんの演じられた七海と、ソンさんの演じたジュノ、ふたりのラブストーリーがアジアに広がっていくのは嬉しい」と満足そうに語った。

2010年11月15日
『ゴースト もういちど抱きしめたい』
2010年11月13日(土)ロードショー!
公式サイト:http://www.ghost-movie.jp