ニュース&レポート

松井玲奈、映画初主演作で茶髪のキャバ嬢に。“カワイイ”じゃなくて「ゴメンなさい」

gift

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
遠藤憲一と松井玲奈(SKE48/乃木坂46)のダブル主演で、6月14日(土)より愛知県限定公開される映画『gift』。本作で初主演を飾った松井玲奈が、名古屋市の中川コロナシネマワールドで開催された先行上映イベントに登壇した。
松井玲奈、映画初主演作で茶髪のキャバ嬢に。“カワイイ”じゃなくて「ゴメンなさい」

映画『gift』は、家族も友人もいない孤独な二人が出会い、かけがえない愛する者に特別な贈物“gift”を届ける姿を描く珠玉のロードムービー。主演の松井は本作で、肉親の愛を得られず、唯一の弟にも拒否をされ怠惰な日々を排他的に過ごすキャバ嬢・沙織。W主演の遠藤憲一は、傲慢で偏屈な性格から、一緒に暮らす家族も親しい友人もいない孤独な輸入食品会社会長を演じる。

この日行われたイベントでは、本作の前売り券販売記念として、松井玲奈本人が手渡しで前売り券の特典を手渡しするという企画も。平日の夕方にも関わらず、多くの観客が劇場周辺に列をなし、集まったファンは特典の手渡しを受けながら、思い思いの言葉を伝えていた。

舞台挨拶では、松井が「私の夢でもあったスクリーンデビュー出来る事を、嬉しく思っています。この『gift』という作品が多くの方に愛される事を願っています」と挨拶。自身が演じた役柄について、「普段はアイドルですが、この作品では「どうしたんだろうこの子」っていう位の目つきをしています。カワイイを求めて来てくださる御客様には、「ゴメンなさい」って感じです(笑)」

また、役柄にあわせて茶髪に染めたことで、ファンから「グレたの?」と言われたことも明かし、「映画に出るからだよって言ったら、喜んでもらえて嬉しかったです」。この日のMCを務め、本作にも出演する水野勝は、「顔合わせのときから撮影に掛けて茶髪だったので、(今日久しぶりに会って)今日は印象が違う!と思いました」と驚いていた。

メガホンをとった宮岡太郎監督は、「松井さんは、映画初主演ですが、ベテランの遠藤さんに気持ちをしっかりぶつけて行く様が頼もしかった。現場に入るときは、台詞を絶対に覚えてこられていて、台詞のNGは一切ありませんでした」と、松井への信頼を口にし、撮影時のエピソードとして「この映画は、雨男と雨女しかいないんじゃないかという位に、雨か雪だった。私もプロデューサーも雨男なんですが、それを越えている雨女が、松井さんなんです(笑)」と暴露。これに松井は「撮影の2〜3週間前に大雪が降って150cmくらい積もって、撮影の時に監督が一人で雪かきしている姿が印象に残っています(笑)」と振り返った。

また、共演者の遠藤憲一については、「堅い役のイメージが強かったですが、気さくで話しやすい方で色々とお話を伺いました」とコメントし、最後に「何を“gift”として贈るのかという事に注目してほしいし、二人のロードムービーの過程を御覧頂いて、一喜一憂してもらえたら嬉しいです。今日、御覧頂いた皆さんには、ぜひ周りの方に広げて頂けたらと思っています。よろしくお願いします」とアピールした。

2014年5月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『gift』
2014年7月12日(土)全国公開
公式サイト:http://www.mmj-pro.co.jp/gift/