ニュース&レポート

松井玲奈、撮影現場で大暴れ?「角材で殴るシーンは綺麗にできた」と大満足 『gift』初日舞台挨拶

gift

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
遠藤憲一と松井玲奈(SKE48/乃木坂46)のダブル主演作『gift』が、6月14日(土)より愛知県限定公開され、名古屋市・中川コロナシネマワールドで行われた初日舞台挨拶に、遠藤と松井、宮岡太郎監督が登壇した。
松井玲奈、撮影現場で大暴れ?「角材で殴るシーンは綺麗にできた」と大満足 『gift』初日舞台挨拶

映画『gift』は、孤独で排他的に生きる女性・沙織(松井)と、傲慢で偏屈な性格から周囲に疎まれている会社会長(遠藤)が出会い、ぶつかり合いながらも絆を深めていく姿を描いたロードムービー。愛知県限定公開とあり、この日は遠藤憲一&松井玲奈&宮岡太郎監督が、愛知県内の劇場4館で合計6回舞台挨拶を精力的にこなした。

中川コロナシネマワールドでの舞台挨拶では、遠藤が「この映画では“素の松井”さんを観る事ができます(笑)」と挨拶。笑顔で否定する松井をよそに、「劇中で松井さんから「おっさん!」と呼ばれるシーンがあるのですが、すっごい良い演技だったんで、思わず「松井さん、これが素でしょ」って突っ込んじゃいました(笑)」。さらに、今作で初主演を飾った松井を「天才だね!若い俳優さんとお仕事をさせて頂く事が多いんですが、心の中にあるものをポン!と出せるというのが素晴らしい。大女優さんになると思います」と大絶賛しつつ、「将来、会ったら挨拶してね(笑)」とお願いした。

松井は、「遠藤さんと共演させて頂ける事が嬉しかったです。息のあっている私たちを観てください!」とアピール。撮影中のエピソードとして「劇中で感情を思いっきり出すシーンがあるんですが、隅っこで気持ちを作っていたら、遠藤さんが近づいてきてくださって、「全部だしな」と一言だけ言って去っていって、その姿が男前で、感動して涙がでちゃいました」と話した。

宮岡監督は、「松井さんは、本当に台詞でのNGというのが一回も無くて、完璧に入れて現場に来てくださった。2人はカットをかけなければ、アドリブで演技の応酬をしてくださっていて、そこも本編に入っているので、探してみてください」。続けて、「色んな天気のシーンがあるんですが、松井さんが来るとどんどん荒れてくるんですよね(笑)」と撮影を振り返った。

舞台挨拶では観客とのQ&Aも行われ、「欲しい才能は?」との問いに、「私、運動ができないので」と話し会場の笑いを誘った松井。「でも劇中で、角材で殴るシーンがあったんですが、あそこは思いっきり振って、綺麗にできたのでよかった」と満足げに語ったが、宮岡監督は「あのシーンは、実際には殴らないでカメラアングルで殴っている様に撮るシーンだったんですが、松井さん、本当に当てちゃって、俳優さん痛がってました(笑)」と暴露した。

また、自身の作品を観る時の気持ちを聞かれると、遠藤は、観客の反応が気になるので「一人で観る」。松井は「自分の映像を観る事で勉強しています」と、勉強熱心な様子。早速、「劇中で私が演じる役が、人を刺してしまうシーンがあるのですが、あそこはもっと直情的な感じを出していってもよかったかな…」と反省すると、宮岡監督は「あれ以上いったら凄い事になりますよ…」とタジタジ。それでも松井は「もっともっと突き詰められたと思うんですよね」と話し、女優魂をみせつけた。

最後に遠藤は、「本当に、心をこめて皆で作った作品です。ぜひ御覧頂きたいです。そして、松井玲奈という新たな女優の誕生をぜひ観に来てください。この作品が愛知県から始まって、全国に広がっていく様にお願いします」。松井は「最初は荒んだ目をしている二人が、一緒に旅をする事で段々と目が変わっていく。その心情の変化など御覧頂けたら嬉しいです。この作品が全国に広がっていく事を楽しみにしています。そして皆さんの感想を読ませていただく事も楽しみにしています」と客席にメッセージを贈った。
2014年6月16日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『gift』
2014年7月12日(土)全国公開
公式サイト:http://www.mmj-pro.co.jp/gift/