ニュース&レポート

大阪城天守閣が“コブラカラー”に!イ・ビョンホン、大阪の熱狂的なファンに「おおきに!」

G.I.ジョー バック2リベンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
6月7日(金)公開『G.I.ジョー バック2リベンジ』のプロモーションで来日中のイ・ビョンホンとジョン・ M・チュウ監督が、全国4大都市(東京・名古屋・大阪・福岡)を巡る大規模キャンペーンの一環として、ついに大阪に上陸。大阪城天守閣前にて行われたイベントに出席した。
大阪城天守閣が“コブラカラー”に!イ・ビョンホン、大阪の熱狂的なファンに「おおきに!」

5月29日(水)、お昼過ぎに名古屋での舞台挨拶で大村愛知県知事との共演を果たしたイ・ビョンホンとジョン・ M・チュウ監督は、イベント後すぐに直線距離で約130kmの移動をして大阪入り。大阪城の天守閣前では史上初めてハリウッド映画のイベント実施という事もあり、ファン1000名の熱気が会場を包んでいだ。

悪の組織“コブラ”のイメージカラーでもあるブルーカーペット上に登場したビョンホンは、都内で行われたジャパンプレミアとは打って変わり、ベージュのジャケットにタイトなデニムというラフなスタイル。早朝から待ちわびたファンの大きな歓喜に包まれ、サインや写真撮影に丁寧に応じた。また、ステージでは、ド派手な忍者演出に会場のボルテージが急上昇。そんな熱気を帯びた会場の特設ステージにあがったビョンホンは、「大阪、おおきに!」と日本語で挨拶し、「何度来ても情熱的な大阪のファンに会えて嬉しいです。良い意味でクレイジーな大阪のみなさんが大好きです」と語りかけると、集まったファンも大興奮。監督も、「イ・ビョンホンから世界で一番熱いファンのいるところと聞いていたので、そのファンの前にこうして来れて最高だよ」と、熱い歓迎に感動した様子だった。

フォトセッション時には謎の“コブラ”スイッチが登場。会場に集まったファンが一斉に青色のペンライトを振り、「ジー!アイ!ジョー!」の掛け声と共にビョンホンがスイッチを入れると、大阪城がなんとコブラカラーの青色にライトアップされ、<大阪城が大阪ジョー>になった。壮大なその姿に、ビョンホンと監督も驚きの表情を浮かべた。

さらに、ステージ上でド派手なアクションを披露したスネークアイズが登場。おもむろにそのマスクを外すと、なんと前作からの大ファンで、関西を中心に活躍する月亭八光が。「イ・ビョンホンさん、こんばんは。握手させてもらってもいいですかぁ」と突然ビョンホンへ近づき、会場が大爆笑に包まれた。大阪らしい演出が飛び出した今回のイベントでは、「休むまもなくアクションが続き、スカっと出来る事間違いなし。この夏、大阪のように最も熱い作品です」と魅力を熱く語って締めくくり、大きな拍手の中で幕を閉じた。
2013年5月30日
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
2013年6月8日(土)TOHOシネマズ スカラ座他、全国3D&2D公開!
公式サイト:http://www.gi-j.jp/