ニュース&レポート

オリラジ中田、スネークアイズになりきりイケてない過去を封印!『G.I.ジョー2』イベント

G.I.ジョー バック2リベンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
6月8日(土)より日本公開される映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』。この公開を記念して「スネークアイズは誰だ?」イベントが開催され、オリエンタルラジオの中田敦彦が、スネークアイズの特注衣装で登壇した。
オリラジ中田、スネークアイズになりきり、イケてない過去を封印!『G.I.ジョー2』イベント

3月29日に全米で公開され大ヒットを記録した『G.I.ジョー バック2リベンジ』。世界を守る最強の機密部隊G.I.ジョーの活躍を描く本作では、テロ組織コブラによって壊滅状態となったG.I.ジョーが、伝説の司令官ジョー・コルトンを迎え、リベンジを企む。前作に続き登場する黒の戦士スネークアイズは、“G.I.ジョー”の中でも1、2を争う人気キャラクターで、ズバ抜けた驚異の身体能力を持ち、常に冷静沈着なハイパーNINJA。イ・ビョンホン演じる冷酷な暗殺者“ストームシャドー”と因縁のライバル関係にもある。

この日のイベントでは、ステージのスクリーンに劇中のスネークアイズの勇士が映し出され、イベントがスタート。場内が暗転しバックライトがたかれると、スクリーンの後ろにNINJAらしきシルエットが。MCより紹介を受け、スクリーンを刀で破り登場したのは、スネークアイズに扮した中田敦彦(オリエンタルラジオ)。中田が着用したスネークアイズの衣装は、この日の為に300万円をかけて特注したもの。劇中と寸分たがわず制作された完璧な衣装に中田は、「ヒーローになれて光栄!テンションが上がりますね!!」と興奮気味にコメント。

また本イベントに先立ち、公式ホームページ上にて一般公募による“スネークアイズは誰だ”キャンペーンを展開した結果、ダントツの一位で中田の名が挙がったことを告げられ「嬉しいですね~」とまんざらでもない様子。因みに、2位が武井壮だったことに対しては、「武井さんと同じジャンルだったのかと、ビックリしてます」と一言。3位の真田広之には「なんというか、急に申し訳ない気持ちいっぱいです…」と恐縮していた。スネークアイズのライバルであるイ・ビョンホン演じるストームシャドーに対しては、「ストームシャドー、やっつけてやる!」と強く意気込んだが、イ・ビョンホンさんはどうですか?と問われると、「僕 VS イ・ビョンホンさんは話が別。そういう問題じゃない。イ・ビョンホンさんのファンは沢山いると伺っているので…」と気弱な対応に。

その後、レディ・ジェイの声優を演じた菜々緒からのビデオレターの上映があり、菜々緒は「G.I.ジョーの一員になった気分はどうですか?映画の宣伝宜しくお願いします!」とG.I.ジョーJAPANチームの一員として今後スネークアイズを演じる中田を激励。中田は「レディ・ジェイはほんと可愛い!まー僕にとってのレディ・ジェイは嫁ですけどね~」と多くのマスコミの前でのろけた。

MCより今夏誕生予定の第一子の件に触れらると、「そうなんです。やっぱりかっこいい父親になりたいんです!イケてない昔の自分を封印したいんです!!」と、過去の自分との決別を断言。舞台上に中田の少年時代の写真が搬入されると、「中学のあだ名は瀧廉太郎でした。廊下を歩いてるだけで中田だ!と笑われました」と過去のほろ苦い思いを吐露。そんな思いを断ち切る為に中田は、「14歳のころの自分、貴様は16年後スネークアイズになる!俺はG.I.ジョーだ!!」と叫びながら、渾身の力を籠め過去のイケてない自分を一刀両断…のはずが、思いが足りなかったのか中途半端な切れ方に。気を取り直して再度挑戦して見事真っ二つに切り裂き、晴れて世界最強の機密部隊G.I.ジョーの一員スネークアイズとして、そしてイケてる父親としての第一歩を踏み出し、「G.I.ジョーはまさに見る絶叫マシーン!スネークアイズの大活躍を見て下さい!!以上スネークアイズでした!」と最後を締めくくった。
2013年5月17日
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
2013年6月8日(土)TOHOシネマズ スカラ座他、全国3D&2D公開!
公式サイト:http://www.gi-j.jp/