ニュース&レポート

菊池亜希子、主演作を経て感じた結婚観明かす 映画『グッド・ストライプス』トークイベント

グッド・ストライプス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
5月30日(土)公開の映画『グッド・ストライプス』のトークイベントが26日(火)、代官山の蔦屋書店で行われ、主演の菊池亜希子・中島歩とメガホンをとった岨手由貴子監督が登壇した。
菊池亜希子、主演作を経て感じた結婚観明かす 映画『グッド・ストライプス』トークイベント

映画『グッド・ストライプス』は、マンネリカップルが妊娠をきっかけに結婚するまでの6ヶ月を描いた作品。自身も結婚・出産を経験したばかりの岨手監督は「この時代に残された最後のロマンティシズムというのは、相手のルーツを知っていくことなんじゃないかと思うんです。簡単にはアクセスできない情報を、少しずつ知って理解していくという過程が魅力的」と、結婚をきっかけに近づいていく理想的な2人の関係性を語った。

本作で自由奔放で大人になりきれない“文化系女子”をリアルに演じた菊池は、「あえて否定はしないのですが、“文化系女子代表”と言われることに、あまり自覚がないんですよね…」と違和感を告白。「知らない人に向けて簡単に説明するためのフレーズなだけですよ」と中島がフォローする場面も見られた。「みんなそれぞれ譲れない好きなものがあるはずなのに。好みがハッキリしすぎているからかな。音楽や映画、漫画やファンションという文化なら分かるんだけど、文化系の“系”ってなんだろう」と首を傾げた。

そこから話題は、自分のライフスタイルが確立している役にちなみ、実際に強いこだわりを抱いている“これがなくては生きていけない”ものについて。菊池は「喫茶店とか飼っている犬とかたくさんありますが、やっぱり洋服かなと思います。季節ごとにワクワクできて、日常のテンションをあげるために洋服の力を借りています」とファッションアイコンらしい発言。

中島は「芝居をはじめてから、映画も演劇も見るようになって。そこから吸収して、俳優としてのモチベーションをあげています」と俳優の仕事への情熱を見せた。「最近一番影響を受けたのが、黒沢清さんの作品。友人と下北沢で飲みながら、熱く語っていてお店を出たらカンヌへ行く前の黒沢さん本人がいました」というミラクルエピソードも披露し、会場を沸かせた。

最後は、会場を埋め尽くしたファンに向かって「結婚というのは、全部を相手にあわせるのではなく、足並みをそろえてチームとして同じ方向を向くことなんだと思えたら、結婚も悪くないなと思うようになりました」と、本作の出演を経て変化した自身の結婚観を披露し、笑顔で会場を去った。
2015年5月27日
『グッド・ストライプス』
2015年5月30日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
公式サイト:http://good-strips.com