ニュース&レポート

中川翔子、ガガ様に対抗!? 夢は“宇宙婚・宇宙出産” 「孫が宇宙人なら最高!」

ゼロ・グラビティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
12月13日(金)公開のSFサスペンス大作『ゼロ・グラビティ』の、“大ヒット!ミッション・サポーター”に中川翔子が就任し、11日(月)、東京・日本科学未来館にて行われた公開記念イベントに出席した。
中川翔子、ガガ様に対抗!? 夢は“宇宙婚・宇宙出産” 「孫が宇宙人なら最高!」

すでに全世界で約470億円以上もの興行成績を収め世界規模で大ヒット中の映画『ゼロ・グラビティ』は、スペース・シャトルの船外ミッションを遂行中に無数の宇宙ゴミ群が飛来し、宇宙の無重力空間=ゼロ・グラビティに放り出された宇宙飛行士たちの、極限状況下での魂を揺さぶる衝撃の人間ドラマを描き出し、アカデミー賞最有力候補作品と絶賛されている話題作。

イベントでは、同作にちなみ、まるで宇宙から地球をみたような有機ELパネル製地球ディスプレイ「Geo-Cosmos(ジオ・コスモス)」の前で、“大ヒット!ミッション・サポーター”に就任した中川と、国連宇宙空間平和利用委員会議長の堀川康氏が宇宙トークを展開した。

同作を鑑賞した中川は、「もう宇宙キターーー!!ですよ。探究心を忘れず、未来を夢見る人類すべてに体験して欲しい!絶対3Dで観て!」と大興奮。「圧倒的な3Dの迫力に、感じたことのない世界。孤独、絶望、希望…。本当に宇宙に放り出されたような感覚になり、死ぬまでに宇宙に行きたいと思っている人間にとっては、これほど怖い映画はない」と本作で突き付けられるリアルな恐怖にノックアウトされた様子。しかし、「『生きてやる!』という心の強さをサンドラ・ブロックさんから教わった。宇宙に行くまでは絶対に生きねば!」と宇宙飛行への決意を新たにした。

先週、アジア人初・日本人初の国際宇宙ステーション(ISS)船長として宇宙へと旅立った若田光一氏も、モスクワで『ゼロ・グラビティ』を鑑賞し「とても面白かった」と感想を述べたようで、中川は、「この映画を観た後で、宇宙に旅立つなんてすごい鉄のハート」と感心しきり。「人類の誇り!兄貴と呼ばせていただきたいです。人類の宝です!人類が(安全に)宇宙に行ける日まで素敵な実験や、笑顔を届けてください!ぜひ生還してくださ~い!」と宇宙へ届けとばかりに絶叫エールを送った。

宇宙に心の底から憧れ、愛してやまない中川は、「初恋は木星」と豪語する、自他ともに認める宇宙(そら)ガール。「初めて木星を見た時から脳にビックバンが起こりました。宇宙のことさえ考えればどんな胃薬よりも効く!」と宇宙愛を熱弁。また“初恋相手”である木星については、「強い重力があるので、地球にぶつかりそうな隕石なんかも木星が受け止めてくれる。私にとっては(木製表面の模様である)ボーダーが似合う“ダメージ系男子”です!一生“木星推し”でいきたい!」とラブコール。

また先日、宇宙でのコンサート開催宣言をしていた世界の歌姫レディー・ガガについて、「すごく羨ましい!宇宙ライブは、エンターテイメントの最高の進化系。いつか絶対にかなえたい!“宇宙出産”もしたいし、“宇宙婚”もしたい。SFだと思っていた世界が現実になってきている。私の代で(夢が)叶わないならば、娘に宇宙で出産してもらって孫が宇宙人になってくれたら最高!」と“ガガ様”超えの妄想で会場を笑いに包んだ。
2013年11月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ゼロ・グラビティ』
2013年12月13日(金)全国ロードショー<3D/2D同時公開>
公式サイト:http://zerogravitymovie.jp/