ニュース&レポート

ディカプリオ他豪華キャストが勢ぞろい!『華麗なるギャツビー』がカンヌで上映

華麗なるギャツビー

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
バズ・ラーマン監督、レオナルド・ディカプリオ主演の映画『華麗なるギャツビー』が、15日(現地時間)より開催されている第66回カンヌ映画祭のオープニング作品として上映され、レッドカーペットイベントに、レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、バズ・ラーマン監督らキャスト&スタッフが集結した。
ディカプリオ他豪華キャストが勢ぞろい!『華麗なるギャツビー』がカンヌで上映

カンヌの街は、海岸沿いのホテルの壁面などまで本作の画像で装飾され、街をあげて『華麗なるギャツビー』ムードに包まれた。レッドカーペットイベントの時刻には、あいにく雨となってしまったが、会場は多くのファンと世界各国から集まった報道陣が詰めかけ、リムジンでキャストたちが到着すると割れんばかりの歓声で、会場は悪天候をも吹き飛ばす熱気に包まれた。そんなファンたちの声援に応え、キャストは雨に濡れながらも握手やサインに応じた。

主人公のギャツビーを演じるレオナルド・ディカプリオは、「カンヌは、世界で最もエキサイティングなスポットの一つだと思う。この映画祭は多くの映画の出発点でもあり、多くの映画が世界に発信される素晴らしいチャンスでもある。だからカンヌに来られて光栄だ」。ギャツビーの唯一の理解者であるニック・キャラウェイ役のトビー・マグワイアは、「カンヌは初めてなので、とても興奮しているんだ。信じられないよ!僕がこの映画に関わり始めたのは4年前。バズと「グレート・ギャツビー」の映画化について話をするのでこないかとレオが電話をよこしてきたのが始まり。今日は本当にうれしいよ」と語った。

ギャツビーと禁断の恋におちるデイジーを演じたキャリー・マリガンも「雨で残念だけど、カンヌにやってくることができて本当に興奮するわ!撮影中もずっと雨だったから、ある意味ぴったり。キャストのみんなともまた一緒に集まることができてとてもうれしいわ!」と喜んだ。また、監督のバズ・ラーマンは、「初めてカンヌへ来たのが『ダンシング・ヒーロー』の時。その後『ロミオ+ジュリエット』、そして今回『グレート・ギャツビー』を引っ提げて子供たちと一緒にやってこられたので、感慨深いね。フィッツジェラルドが「グレート・ギャツビー」一部を書いたこの地で上映できるのはとても意味深いことだ」とコメントした。

オープニングセレモニーには、このほか、ジョエル・エドガートン、アイラ・フィッシャー、エリザベス・デビッキ、アミターブ・バッチャンら出演者と、美術・衣装を担当したキャサリン・マーティンが出席した。
2013年5月16日
『華麗なるギャツビー』
2013年6月14日(金)丸の内ピカデリー他、全国ロードショー 2D/3D同時公開