ニュース&レポート

ガンダム19年ぶりの完全新作ストーリーが東京国際アニメフェア2010に登場

劇場版 機動戦士ガンダムOO -A wakening of the Trailblazer-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
2010年9月公開となる『劇場版 機動戦士ガンダムOO』のスペシャルステージイベントが東京国際アニメフェア2010にて開催され、声優の宮野真守、三木眞一郎、吉野裕行、中村悠一、水島精二監督のほか、特別ゲスト俳優の勝地涼が登壇。集まったファン1100名を前に、これから行われるアフレコへの意気込みを語った。
画像:

『劇場版 機動戦士ガンダムOO -A wakening of the Trailblazer-』は、2007年10月より放送されたTVシリーズ「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」を映画化。ガンダムシリーズとしては『機動戦士ガンダムF91』(91年)以来、約19年ぶりの完全新作ストーリーとなる本作は、TVシリーズ放映時から2年後の世界を舞台に、ソレスタルビーイング最後の戦いを描く完結篇となる。

登壇者のコメントは以下のとおり。

●宮野真守(刹那・F・セイエイ役)
久しぶりに刹那役として登場できて嬉しい。劇場版が迫ってきていてドキドキしてますが、皆さんの歓声から映画への熱い期待を頂いたので、気持ちを高めて命がけで収録に臨みます。

●三木眞一郎(ロックオン・ストラトス役)
この時期にこれだけの映像を皆さんにお見せできる「ガンダム0O」のスタッフの結束力に感嘆しました。僕もテンションを上げてアフレコに臨みます。

●吉野裕行(アレルヤ・ハプティズム役)
劇場版が完結編ということで、アレルヤの長い長い自分探しの旅にも答えが出る気がします。皆さんと一緒に楽しみたいです。

●中村悠一(グラハム・エーカー役)
グラハムは活躍します。アフレコは掛け合いが大切なので、勝地さんとのアフレコを楽しみにしています。

●水島精二監督
今回の劇場版は観客の皆さんを驚かせる仕掛けもあります。スタッフ・キャストにも恵まれ、全力で作っていますのでよろしくお願いします。勝地さんは、幅広い演技力と少年らしい、きびきびした面があるので、デカルト役にマッチしていると思います。

●勝地涼(デカルト・シャーマン役)
この作品は正義・悪・平和とは?というしっかりとしたテーマが根底にあって、現代の世の中に置き換えることのできる作品だと思いました。キャストの皆さん本当に仲がいいですね。僕は声優としては未熟ですが、早く「ガンダムOO」ファミリーになれるように頑張ります。

『劇場版 機動戦士ガンダムOO -A wakening of the Trailblazer-』は、2010年9月の公開を予定している。

公式HP:http://www.gundam00.net
2010年3月30日
『劇場版 機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer』
2010年9月18日(土)より全国ロードショー
公式サイト:http://www.gundam00.net