ニュース&レポート

佐々木蔵之介、“男が惚れる男”役に満足「自分の殻を破ったような役、楽しかった」『破門』完成披露試写会

破門 ふたりのヤクビョーガミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
黒川博行による直木賞受賞作を映画化した『破門 ふたりのヤクビョーガミ』の完成披露試写会が13日(火)丸の内ピカデリー1 にて行われ、W主演の佐々木蔵之介と横山裕、共演の北川景子、橋爪功、濵田崇裕、橋本マナミ、小林聖太郎監督と原作者・黒川博行が登壇した。
佐々木蔵之介、“男が惚れる男”役に満足「自分の殻を破ったような役、楽しかった」『破門 ふたりのヤクビョーガミ』完成披露試写会

試写会に先駆けて有楽町マリオンでは、1Fロビーに小林聖太郎監督、北川景子、橋爪功、濵田崇裕、橋本マナミ、原作の黒川博行が登場。そして背景に貼られた大きな真っ白な紙に佐々木蔵之介、横山裕のシルエットが映し出され、佐々木が紙を大きく蹴り上げ、<門>を<破>って登場するダイナミックなアライバルセレモニーも行われた。

劇中でイケイケやくざの桑原を演じた佐々木は、「本日はどうもありがとうございます。このダイナミックに破って登場…すごく気持ちよかったです(笑)。『破門 ふたりのヤクビョーガミ』は、去年のちょうど今頃撮影をしていて、これまでの自分の殻を破ったような役でした」と挨拶。 横山は、「寒い中ありがとうございます。沢山喋りたいんですけど、北川景子ちゃんがすごく寒そうにしてるから、一言だけにしときます!」と、共演者を気遣い早々にコメントを切り上げた。

丸の内ピカデリーに移って行われた完成披露試写会では、佐々木が「僕が演じた桑原は、ケンカにめっぽう強くて、金勘定・そろばんができて、ユーモアもあって、裏社会を生き抜いている役柄で、“男が惚れる男”になっています。こんな役はなかなかないので、本当に楽しかった。関西弁も自在に使わせてもらいました」とコメント。さらに、「撮影初日、二日目と格闘シーンで、まぁ思いっきりやりました。だいぶ殴りましたし、橋爪さんには本番ではだいぶ強く踏みました(笑)」とノリノリで演じていたことを振り返った。

グループ以外の個人として初めての映画主演を果たした横山は、「今回は蔵之介さんもいらっしゃいますし、すごい先輩方ばかりで、胸を借りるつもりでやりました」とコメント。劇中絶妙なコンビぶりを見せる佐々木との掛け合いについては、「本読みの段階で監督たちとかなり突き詰めてやりました。だからその分、撮影中はあまり気にすることはなかったです。台本が本当に面白かったから、あまり狙いすぎないように、台本と蔵之介さんに身を委ねるようにしてやっていました」

横山演じる二宮啓之が想いを寄せる、いとこの悠紀を演じた北川は、「本当は啓ちゃんにはやくざのようなことはしてほしくないんだけど、桑原とふたりでどんどん行動してしまうので、私が歯止めとなる、しっかり者の役を演じています」と自身の役柄を説明。神戸出身ながら大阪弁を操るキャラクターを演じたことについては、「プライベートで友達と話す時は神戸弁なんです。神戸弁はまた違ったイントネーションがあって、今回は大阪弁を話すということで、完璧にやりたいなと思って監督に大阪弁のテープを用意してもらったんです。現場で横山さんにすごく聞いていた気がします」と語った。

桑原の弟分である木下を演じ映画初出演となった濵田は、「この映画館は普通にプライベートで来たこともあるので、自分が映る…と考えるとすごくテンションが上がっています。初めてお話をいただいた時も“え、映画ですか!?”って感じでびっくりして…」と終始緊張しきりで初々しさを振りまいた。

橋爪演じる小清水の愛人・恵美を演じた橋本は、「小清水さんとも橋爪さんとも濃厚な時間を過ごさせていただきました」と意味深な挨拶をし、会場がざわついたところで、横山がすかさず「(濃厚な時間が)あったことにしときましょう(笑)」と絶妙なとツッコミ。橋本は「小清水さんとコンビで主役のふたりを翻弄する役どころで、ふたりで縛られるというハプニングもありましたね(笑)」と振り返った。

主人公ふたりをだます映画プロデューサー・小清水を演じた橋爪は、「観て損はないと思います。帰りはなんとなくほくそ笑みながら帰られる映画になっています」と挨拶。「映画の肝です」と橋爪を指名したという小林監督は、「橋爪さんは、“そんなこと言ってプレッシャーかけんといてやー!“とその時点で小清水な感じだった(笑)」と裏話を披露。これに橋爪は、「今までもらった役の中では一番面白いものだったかもしれない。どちらかというとこういう役の方が好きなんです。楽しくやらせてもらいました」と満足げに語った。

原作者の黒川は、「この映画は原作者から観ても面白い。本当によく出来ています。特に大阪弁が完璧です。そこも楽しんで観ていただけたらと思います」と太鼓判。最後に佐々木は「黒川さんの直木賞原作を、ハードボイルドにかっこよく、色っぽく、熱く、針が振り切れるほど皆で走り回っています!」、 横山も「最高の映画ができたと思ってます。この映画を皆さんで育てて、大きくしていただきたいと思っています。皆さんの力を貸してください!」とそれぞれ観客にメッセージを贈った。
2016年12月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『破門 ふたりのヤクビョーガミ』
2017年1月28日(土)ロードショー
公式サイト:http://hamon-movie.jp/