ニュース&レポート

蒼井優、鈴木杏とは「家族みたいな感覚」『花とアリス』以来の友情を明かす

花とアリス殺人事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
2月20日(金)公開の岩井俊二監督初の長編アニメーション映画『花とアリス殺人事件』の完成披露上映会が12日に行われ、ボイスキャストの蒼井優、鈴木杏、岩井俊二監督が登壇した。
蒼井優、鈴木杏とは「家族みたいな感覚」『花とアリス』以来の友情を明かす

『花とアリス殺人事件』は、岩井俊二が2004年に原作・脚本・監督を務めた映画『花とアリス』の前日譚となるエピソードを、岩井俊二が完全オリジナルストーリー&初の長編アニメーション監督として映画化。

舞台挨拶では岩井監督が「脚本を書いて10年、製作を始めて1年半ずっと作り続けてきました。ようやく完成して感無量です」と挨拶。今回の声の出演について蒼井は「アニメーションの製作が進んでるらしいという噂は耳にしていて、ある日岩井さんから「花とアリスの声優よろしく」とさらっとしたオファーのメールをもらって、録音ブースで実感しだしました」。鈴木は「あまりにもカジュアルなメールだったのでWEBで流す作品なのかなと思ったのですが、まさかこんなことになっているとは予期していませんでした」と初めは二人とも事の大きさを認識していなかった様子。

2004年『花とアリス』で出会ってから11年間、蒼井と鈴木の友情が続いていることを聞かれると、蒼井は「11年前、同じ高校で、私が2こ上の先輩で、杏が私の教室まで来て「優ちゃ~ん、一緒にお昼ご飯たべよ~」って…」と当時の鈴木のマネをすると、「私そんな話し方してないじゃん!」と反論。「ほんと杏とは家族みたいな感覚なので、杏が化粧してると…」と蒼井が笑いだすと、鈴木は「私が化粧しているといっつも笑うんですよ!」と二人で会うときはいつもスッピンであることを明かした。

また「当時杏は女優で、私は山猿みたいな感じて、対極のふたりだから仲良くなれたのかな。『花とアリス』と出会ってなかったら、こういう感じで続いていなかったし、今では杏のいない人生なんて考えられない」と蒼井は鈴木との熱い友情を語った。

『花とアリス』撮影後に「花とアリス殺人事件」の脚本に取り組んでいて、脚本が完成したその日の朝、『花とアリス』の撮影監督・篠田昇が亡くなったことを聞いた岩井は、「葬式で二人はワンワン泣いていて、彼の棺にこの本を入れてもらった。そこから作らなきゃという思いで、足掛け10年、自分らしいアニメにたどりついたと思います」。また蒼井は「本当なら篠田昇さんに見ていただきたかったのですけど、きっと空の上から見てくれていると思います。この作品を見終わった後の人たちの笑顔が篠田さんに届くといいなと思っています」と亡き当時の撮影監督への思いを口にした。
2015年2月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『花とアリス殺人事件』
2015年2月20日(金) 新宿バルト9他全国ロードショー
公式サイト:http://hana-alice.jp