ニュース&レポート

“史上最悪の二日酔い”ついにフィナーレ!『ハングオーバー3』ワールドプレミアにシリーズキャスト大集結

ハングオーバー!!! 最後の反省会

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
6月28日(金)より公開される映画『ハングオーバー!!! 最後の反省会』のワールドプレミアが20日(月)、米ロサンゼルスで行われ、トッド・フィリップス監督をはじめブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキス、ジャスティン・バーサらシリーズの主要メンバー全員が集結した。
 “史上最悪の二日酔い”ついにフィナーレ!『ハングオーバー3』ワールドプレミアにシリーズキャスト大集結

公開に先駆けて現地時間5月20日(月)、米ロサンゼルスのウェスト・ヴィレッジ・シアターにて行われたワールド・プレミアでは、シリーズの集大成でもある本作の初お披露目、そして本年度のオスカーノミネートを果たし、ハリウッドで最も注目を集めるブラッドリー・クーパーの最新作とあって、世界中から熱狂的なファン約1000人と多くの報道陣が駆けつけた。

ラスベガスをイメージしたド派手なプレミア会場には、トッド・フィリップス監督をはじめシリーズの主要メンバー全員が集結し、ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキス、ジャスティン・バーサ、ケン・チョン、ヘザー・グラハム、そしてシリーズ1作目のあの赤ちゃんも!?レッドカーペットに登場。会場には完結編を惜しんで感極まり泣くファンの姿も見られた。

無駄にイケメンのフィル役ブラッドリー・クーパーは、「監督がまた最高にヤラかしてくれることは分かってたし、実際ホントに素晴らしかったよ。今回はチャウがシリーズ史上最強にブッ飛んでて、名優ジョン・グッドマンも登場する。色々盛りだくさんなんだよ!期待して欲しいね!」とテンション高く満面の笑みで応え、マヌケな歯医者ステュ役エド・ヘルムズは、「ホント楽しかった。そして激しかった(笑)。みんなこれ以上ないくらい頑張ったし、この上なくすばらしい友情も築けた。今の気持ちを例えるとしたら、ジェットコースターに乗って最後にプラットフォームに戻ってくる時があるじゃない?終わるのが寂しくて、でもやっぱりこのまま乗ってたいら怪我するかもしれない、気分悪くなるかもしれない、でももう降りるべき時かもしれないなっていって気持ちだね。今は感謝の気持ちで一杯だよ」とコメント。

大迷惑なデブ&ヒゲ野郎のアラン役ザック・ガリフィアナキスは、「この映画に携わることができて本当に光栄に思う。感謝の気持ちが一番強いね。みんなで笑いを詰め込んだ映画を作ったから、世の中の人がきっと笑顔になってくれると思う。みんなを笑わせて気持ちをよくしたいね!」と公けの場とあって、意外に?真面目にインタビューに応じていた。

3部作すべてを手掛けたトッド・フィリップス監督は、「今夜また、みんなに会えて最高だよ!これが最後ということで、Bitter&Sweetな気持ちだね。世界中の人々を最高の笑いに包んだってことを思うとハッピーだし、やり尽くした達成感もある。でも、もう終わるのは寂しいね。1作目を作った時は、ただ人が観てくれるだけで嬉しかった。それが驚くほどの大ヒット。そして今日はハングオーバーの完結編のワールド・プレミアだよ。これ以上ないくらい最高の気分だよ!」と、シリーズ最高傑作と呼び声高い自信作をアピールした。
2013年5月24日
『ハングオーバー!!! 最後の反省会』
2013年6月28日(金)、丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他 字幕/吹替同時ロードショー
公式サイト:http://www.hangover-japan.jp