ニュース&レポート

ロン・ハワード監督、黒澤明&ルーカス監督とのエピソードを披露『ハン・ソロ』来日記者会見

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
6月29日(金)より公開される映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の主演オールデン・エアエンライクと、ハン・ソロの“生涯の相棒”チューバッカ、そしてメガホンをとったロン・ハワード監督が来日し、記者会見に出席。スペシャルゲストとして、歌舞伎俳優の市川海老蔵も駆けつけた。
ロン・ハワード監督、黒澤明&ルーカス監督とのエピソードを披露『ハン・ソロ』来日記者会見

東京ミッドタウンホールにて行われた来日記者会見では、始めにロン・ハワード監督より挨拶があり、「本作と共に、大好きな日本に来ることができて心から嬉しい」と4年ぶりの来日にご満悦の様子。ハン・ソロの若き日を演じ、今回が初来日となるオールデン・エアエンライクは初来日に対し「一度も訪れたことがなかった素晴らしい街に来ることができ、とても嬉しいです。ぜひ日本のみなさんにも本作を楽しんでいただきたいです」と笑顔で挨拶。そして、ハン・ソロの相棒であるチューバッカからは、「大好きな日本で、みなさんにお会いできて嬉しい。フラッシュが多いけど大丈夫です」と冗談交じりに挨拶したことを隣のオールデンが説明した。

MCより代表して質疑応答が始まり、ロン・ハワード監督への「ハン・ソロという人気キャラクターを本作で描くにあたり意識したことは?」という質問が投げられると「本作はワクワクするアドベンチャー。人間関係とアクション、この2つを通して若きハン・ソロは試練を与えられ、乗り越えることで我々がよく知るハン・ソロへと形成されていく。カスダン親子による素晴らしい脚本と、オールデンを始めとするキャストを信じていたから、素晴らしい作品が出来上がった」と答えた。

また「スター・ウォーズ(SW)の生みの親であるジョージ・ルーカスから製作する上でのアドバイスはあったか?」という質問に対し、監督は「ルーカスは全てのSW映画のもつ精神には、日本文化にも影響された“名誉”や“志”がある。物語は、いくつになっても自分たちの中にいる、夢みる“若者”が主人公なんだ」と彼からアドバイスをもらったことを明かした。

続けて主演のオールデンは、「SW シリーズで圧倒的支持のあるハン・ソロを演じる上で意識したことは?」という質問に対し「みなさんが知っているハン・ソロになる前の物語であり、彼はとても理想主義で夢見る男だった。役作りとして意識したことは、彼をリアルな人物として演じること、そしてみんなの知るハン・ソロに続くよう一貫性をもって演技をするよう、バランス作りに徹底した。」と役作りについて語り、さらにハリソン・フォードとのエピソードを聞かれると、「ハリソンも作品を観て、気に入ってくれたようだったので嬉しい。彼のプライベートジェットに乗せてもらい、応援のコメントをもらった。また彼からのアドバイスとしては、必要なことは全て教えてもらったが『内容については口外するな』と言われたよ」と、ハリソン・フォードとの貴重なエピソードを語った。

そして最新作の見どころを聞かれたチューバッカは短く雄叫びをあげ、本作のみどころは「ハン・ソロと仕事をしていること」とオールデンが代弁。

マスコミからの質疑応答では、役が決まったときの心境をオールデンが「大変光栄だった、SWの一員、そしてハン・ソロという、愛されているキャラクターを演じることができて幸せだった」「役が決まったことや、撮影について3 か月間は秘密にしておかないといけなかった。やっと周囲に打ち明けたときには、普段はおめでとうと言われるのに、ショックを受けたような驚き方をされたよ」と当時の様子を話した。

また、「SWという大作に出演することはプレッシャーがあったし、毎日が挑戦だった。だから今作はその挑戦を受けて立った。でも、プレッシャーはどの作品にもあるのもの。役に対して責任をもち、最善を尽くした。そして本作はCGがとても少ない作品で、一緒に映るエイリアンや爆発などもほとんどが本物だった。ミレニアム・ファルコンに乗っているシーンでは実際に目の前のスクリーンに宇宙映像が映し出された中で撮影したんだ。素晴らしい環境の中で楽しみながら演じることができてとても光栄だった」と貴重なエピソードも披露した。

黒澤明監督とジョージ・ルーカスと3 人で食事をしたことがあるというハワード監督は、「黒澤監督とは、ルーカスと共に日本で食事をした。まだ僕も若かったが、映画作りについての話ができて、とても光栄だった。その場で話した中で、今も大切にしている教訓がある。それは、黒澤監督は3人のコラボレーションが好きだということ。撮影現場で問題が起きた時には3人で解決する。本作でも脚本のカスダン親子とキャスリーン・ケネディと、そして僕の3人で試行錯誤して作り上げた。その時に黒澤監督の教訓を思い出し、とても意識したんだ」

続けて、ジョージ・ルーカスについて「彼はめったに現場に現れない人だが、本作の製作中にスタジオに立ち会ってくれた。オールデンとエミリアのシーンを撮影中だったが、彼は数時間物静かに見ていた。そして最後に一言だけ、ハン・ソロのあるシーンに対して、こう撮った方がいいんじゃないか?というアドバイスをもらった。その通りに撮り直したら、まさにハン・ソロになったんだよ。ルーカスはハン・ソロというキャラクターへ一番理解がある人物だと改めて感じた」と撮影秘話を明かした。

また初来日のオールデンに日本の印象を聞くと、「すでに2日程滞在している。素晴らしい食事と、フレッシュなトマトが美味しかった。あいにくの雨ですが、残りの滞在期間で寺を訪れたり、公園を歩きたい」と話した。何度も来日している監督は、「日本で出迎えてくれる人々のおもてなしには常に素晴らしい体験をさせていただいた」と話し、オールデンへ、「焼き鳥屋へ行ったり、路地で何かを食べたり、運が良ければ野球ドームへ連れてってもらえるよ」とアドバイスしていた。

最後に監督からオールデンに対し「SW映画は今まで群像劇が多く、一人のキャラクターによる物語は初めてだった。ひとりの役者にかかっている作品のプレッシャー大きかっただろうが、挑戦を受けて立つ彼の役者魂は感服するものだった。才能はもちろん、彼の人間性に対し敬意と感謝を伝えたい」と答え、質疑応答は終了した。

さらにスペシャルゲストとして、SWファンである歌舞伎俳優の市川海老蔵が来日を祝いに会場へ駆けつけた。海老蔵はステージへ上がると、監督、オールデンと握手をし、チューバッカと熱いハグを交わした。

ロン・ハワード監督、黒澤明&ルーカス監督とのエピソードを披露『ハン・ソロ』来日記者会見

海老蔵は本作で、ハン・ソロとチューバッカが初めて出会う運命の場に立ち会う“ストームトルーパー役”としてカメオ出演しているが、声優として参加した感想を「子どもの頃から好きな作品に参加出来て嬉しい。父がSWが大好きなので、父に伝えたいです」と喜んだ。

また、海老蔵から来日したキャスト・監督へのサプライズプレゼントとして、平成26年に南座で海老蔵主演の公演『壽三升景清(ことほいでみますかげきよ)』にて演じた「悪七兵衛景清(あくしちびょうかげきよ)」の隈取りが贈呈された。海老蔵から大きな額に入った隈取りが贈呈されると、オールデンは初めて見る隈取りに驚いた様子で、日本語で「ありがとう」と丁寧に感謝の意を述べた。

また、SWの魅力について聞かれた海老蔵は、「世代を越えた愛、日本ではできない壮大なスケールのエンターテイメントが魅力です。そしてSWシリーズで描かれる善と悪の構成は、勧善懲悪の物語が描かれる歌舞伎と通ずるところがあり、魅了されます。初めて父に映画に連れて行ってもらった映画がSWなので、本作に参加できて光栄です」と語った。

最後に海老蔵にとってのヒーロー像を「私にとってのヒーロー像はぶれないもの。逆境が起こっても、信じるものを貫く力が正義だと思う。本作のハン・ソロにもそういった美しさを感じる。私が父に連れられたように、本作では私が子ども達を映画館へ連れていきたい」と本作への期待の意を込めたコメントをもって、記者会見は幕を閉じた。
2018年6月13日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加