ニュース&レポート

藤竜也、妻役の倍賞千恵子に「冷たくできない…」 『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』完成披露試写会

初恋~お父さん、チビがいなくなりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
長年連れ添った夫婦の秘めた想いと愛を描き話題となった、漫画家・西炯子によるコミックが原作の映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の完成披露試写会が行われ、倍賞千恵子、藤竜也、市川実日子、佐藤流司、小林且弥、黒猫のりんご、小林聖太郎監督が参加した。
藤竜也、妻役の倍賞千恵子に「冷たくできない…」 『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』完成披露試写会

熟年離婚を決意する有喜子役の倍賞は「歳をとってからのラブロマンス映画に出演したくて、脚本を読んだときは『これだ』と嬉しかった」とオファーを喜び「夫婦50年だったらお互いに慣れっこになるけれど、同じ道を歩いているのに交わらないことも多い。この映画を通して、夫婦で『ありがとう』とか『美味しかった』とか、そういった会話をすることが大事だと実感しました」と気づきを得たよう。有喜子の夫・勝役の藤とは28年ぶりの共演となるが「実は家も近所で一緒に食事をしたりしていたので、歳を重ねていったことが自然と理解できました」と交流を明かした。

それに藤も「28年間一度もお会いせずの再共演だったら、『ギャ!』となっていただろうけれど、それもなかったね」と頷き、亭主関白な役どころに「本当に嫌でした。倍賞さんに冷たくできなくて。でも監督からは『日本中の奥さんに嫌われて!』と言われるし。もう孤独でした」と笑わせた。そんな藤に市川が「藤さんは亭主関白で仏頂面という娘からしたらイヤなお父さん役だけれど、藤さん自身はとてもチャーミングな方」と印象を明かすと、藤は「あなたは笑いっぱなし。わはは!って現場のムードメーカーだった」と紹介。倍賞も「箸が転んでも笑う、以前の問題。朝から笑いながら現場入りする。とても明るくてパワフルな娘です」と仲睦まじそうだった。

それぞれが初顔合わせとなる緊張の本読みの際には「猫のりんごちゃんが倍賞さんの腕の中で寝ていた。そのおかげで和んだ」と市川が回想すると、動物好きの倍賞は「とても演技派の猫で、犬のようにお座りもする。テストでは上手くいかなくても、本番になると一発OK。娘(市川)よりも演技が上手でした」とジョークで市川を爆笑させていた。

ペット探偵と韓流スターの一人二役を演じた佐藤は「僕も猫を二匹飼っているので、撮影で猫に会えると聞いて「マジか!」と楽しみにしていたら、一度も触れ合うことなく終わった。それが唯一の心残り」とションボリ。近所に住む青年役の小林は、倍賞&藤というレジェンドとの共演に「尊敬しすぎて、実在感がなくて本当にいるのか?と。撮影中も変な感じでした。お二人とも気さくな方で、藤さんは色々と話しかけてくれました。自分もこういう先輩になりたいと思った」とリスペクトしきりだった。

倍賞と藤は、プライベートではそれぞれ伴侶を得ている熟年夫婦。夫婦円満の秘訣を聞かれた倍賞は「長く続くということは、それだけお互いを必要としているということ。だからこそ、思いを言葉にして伝えた方がいい。夫が妻の肩に手をかけるとか、スキンシップも大事」と実感を込めてアドバイス。藤は「僕は円満なんだよね~」とのろけつつ「夫婦とは、二つの自我が死ぬまで一緒に暮らすということ。二つの違う自我が暮らすのは厄介。だからこそ気を使ってメンテナンスをしなければダメだね」と思いを明かした。

最後に公開に向けて小林監督は「夫婦、家族はお互い当然一緒にいると思い込んでしまうけれど、やはり他人。この映画を観てもらい、他人としての距離を持ったコミュニケーションをとらないとヤバいよ、というメッセージを受け取ってほしい」とアピール。また本作がイタリアのウーディネ極東映画祭のコンペティション部門に選出されたことも発表された。
2019年4月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『初恋 お父さん、チビがいなくなりました』
2019年5月10日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
公式サイト:http://chibi-movie.com