ニュース&レポート

オードリー春日が日本の名所を飛んだ!映画『ヒックとドラゴン』 夏祭りプレミアイベント

ヒックとドラゴン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
8月7日より公開される映画『ヒックとドラゴン』の[夏祭りプレミア]と題したイベントが2日、新宿で行われ、宣伝キャプテンのオードリーが登場。ドラゴンのトゥースになりきった春日が、地上2メートルの空中を遊泳した。
画像:オードリー春日が日本の名所を飛んだ!映画『ヒックとドラゴン』 夏祭りプレミアイベント

イベントでは、ヒックに粉した若林がバズーカを放ち、春日を撃ち落とす場面から始まった。ヒック若林に打ち落とされた春日は、制作費100万円、製作日数1ヶ月、重さ5キロという黒いドラゴンの出で立ちで登場。夏休みで4000人以上の観衆で賑わう新宿ステーションスクエアに大きな歓声が上がった。

続いて、大勢の子供達から「頑張れ~!!」の掛け声とともに、一気に2メートルの高さまでワイヤーで吊り上げられたトゥース春日。これと同時にアルタビジョンにはトゥース春日が、スカイツリーや清水寺、金閣寺、都庁や世界遺産など日本中の名所を飛び回るようなシーンが映し出され、会場が大爆笑に包まれた。

地上に降り立ち、恐怖と暑さで汗びっしょりの春日は、「もっと追い詰めて欲しかった」と強気の発言。「ハネを失ったトゥースが友情の力で再び飛べたことと、足を折ったが芸能界でまた復活した自分が重なる。監督が自分のニュースを観てこの作品を作ったのだと思う!」と胸を張り、若林が「それはありませんけどね」と冷静にフォロー。さらに春日が、「春日のハリウッド第一回出演作品になりました。まぁ、ゆくゆくはお笑い界の三船敏郎になりたい!」と、大きな夢を語ると、若林が「明日のワイドショーが怖いですね」と苦笑いした。

また、イベントの第二部では、新宿ピカデリーへ移動し、本作のイメージソングを歌うベッキー♪♯から届いた応援ビデオレターが流された。ベッキー♪♯は映像のなかで、「私はどちらかと言うと若林さん派です」と発言。焦った春日の「消せ消せ!」という声も空しく、若林は「よし!」とガッツポーズ。春日は悔し紛れに「多分、好きな子に、わざと嫌いな素振りを見せるあれですね」と言い捨て、会場は大きな笑いに包まれた。

映画について春日は、「勇気と仲間の大切さを是非感じて欲しいですね!」とアピール。若林は、「大迫力の3D、今までのアニメにない展開にも注目ですよ!」と太鼓判を押し、宣伝キャプテンとしての大役を全うした。
2010年8月3日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ヒックとドラゴン』
2010年8月7日(土)新宿ピカデリー他 全国超拡大ロードショー
公式サイト:http://hic-dragon.jp