ニュース&レポート

映画『ヒミズ』ヒット祈願に染谷将太&二階堂ふみが出席、今年の抱負は「新米」!?

ヒミズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
第68回ヴェネチア国際映画祭において、最優秀新人俳優賞をW受賞した染谷将太と二階堂ふみが、市谷亀岡八幡宮にて映画『ヒミズ』(1/14公開)のヒット祈願イベントに出席。今年の抱負をそれぞれが一文字で発表すると、「新・米」という言葉が完成した。
映画『ヒミズ』ヒット祈願に染谷将太&二階堂ふみが出席、今年の抱負は「新米」!?

映画『ヒミズ』は、「行け!稲中卓球部」で知られる漫画家・古谷実の原作コミックを、『冷たい熱帯魚』の園子温監督が映画化した青春感動作。昨年行われたヴェネチア国際映画祭で最大の話題作となり、染谷将太と二階堂ふみが日本人初の快挙となる最優秀新人賞(マルチェロ・マストロヤンニ賞)をW受賞した。

映画『ヒミズ』ヒット祈願に染谷将太&二階堂ふみが出席、今年の抱負は「新米」!?映画『ヒミズ』ヒット祈願に染谷将太&二階堂ふみが出席、今年の抱負は「新米」!?
11日(水)に行われた本作のヒット祈願イベントでは、染谷と二階堂が和装で登場。着物が好きだが着る機会がなかったという二階堂は、「青春色っぽい水色の着物を選び、ラインストーンをつけました」と、いつも以上に衣装やメイクにこだわったことを明かし、女性らしさを見せた。

今週末に公開を控える映画については染谷が「長かったような短かったようなで。公開が楽しみです」。二階堂も、「早くたくさんの方に見ていただきたいです。もっと『ヒミズ』に関わっていたかったと言う思いもありますが…」と、それぞれの思いを語った。

また、この日は2人が今年の抱負をそれぞれ一文字で発表。染谷は「今年20歳で人生の境目という感じなので新たな気持ちで歩んでいこうと思います」との思いを込めて“新”を、二階堂は「受験生なのでお米を食べて元気を出していこうと思います」と意気込み、“米”と披露。2人の色紙を合わせると、偶然にも「新・米」という文字が完成し、息のあった二人の様子にマスコミから笑みがこぼれた。

さらに1月11日は<鏡開きの日>ということで、2人は用意された酒樽で鏡割りを行い、願いを書いた絵馬を神主に直接奉納し、映画のヒットを祈願。最後に染谷は、「今この時期にスクリーンで見ることに意味がある映画です。普段自分の作品を客観的に見ることができないのですが、『ヒミズ』は(客観的に見て)素直に感動しました」。二階堂は、「キャスト・スタッフ・監督の本気と覚悟があふれ出しています。ぜひ劇場で見てください!」と、作品をアピールした。
2012年1月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ヒミズ』
2012年1月14日(土)新宿バルト9他全国ロードショー
公式サイト:http://himizu.gaga.ne.jp/