ニュース&レポート

園子温監督最新作『ヒミズ』がヴェネチアでお披露目!8分間の拍手喝采で金獅子賞にも期待!

ヒミズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
第68回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門へ、日本から唯一出品されている、園子温監督の最新作『ヒミズ』。本作の記者会見が6日(火)12:30(現地時間)から行われ、園監督と主演の染谷将太、ヒロイン二階堂ふみが登壇。同日夜には、公式上映のレッドカーペットにも登場した。
園子温監督最新作『ヒミズ』がヴェネチアでお披露目!8分間の拍手喝采で金獅子賞にも期待!

2009年『愛のむきだし』ベルリン国際映画祭出品、2010年『冷たい熱帯魚』ベネチア国際映画祭出品、2011年『恋の罪』カンヌ国際映画祭出品と、世界の映画祭から高い評価を受け続けている園子温監督は、やはりヴェネチアでもすでに有名監督で、多くのマスコミが詰めかけ、集中的に質問を浴びることとなった。

初めて世界3大映画祭のコンペ部門への出品となる本作について、園子温監督は、「今回初めてオリジナルではない、漫画原作の映画をやることにしました。10年前に書かれた漫画は、終わらない日常の退屈さ、虚しさみたいなものが若者の意識の中にあった。その原作「ヒミズ」を、3月11日の震災を受けて、”終わらない日常”から”終わらない非日常”があたりまえになってしまった。そういう若者を描きたかった」と、東北地方太平洋沖地震後シナリオ変更に至った心情を明かした。

さらに今回、実際に被災地で撮影を行っていたことも明らかになり、質問が集中。監督が、「多くの人に撮影を止められ、自分の中で葛藤はありながらもここで現地に入らなかったら一生後悔すると思い、被災地での撮影に挑んだ」と説明した。

染谷と二階堂は、震災後の若者の心境を問われ、染谷は、「3月11日に震災があって、今までの日本人の若者では考えなかったことを考え始めたり、すごく悲しい思いをして立ち直ろうとしていたり、今までとは全く違う思考を若者が持ち始めていることを実感しています」。二階堂は、「今回震災を受けて、改めて、何も知らなかったというショックを受けている同世代の人が多いと感じています。少なくとも、私はもっともっと勉強していろんなことを知りたいと思いました」と、自分たちなりの言葉で心境を語った。

園子温監督最新作『ヒミズ』がヴェネチアでお披露目!8分間の拍手喝采で金獅子賞にも期待!
この後、22時より行われた公式上映のレッドカーペットに登場した3人は、一斉に海外メディアのフラッシュを浴び続け、注目度の高さを伺わせた。公式上映では、クライマックスになると場内から嗚咽する声も漏れ、終了直後には、嵐のようなスタンディングオベーションが約8分間巻き起こり、場内にいた園監督、染谷、二階堂らを称賛し続けた。

公式上映を終えて園監督は、「日本映画の夜の上映でこんなに人が入るのは珍しいらしいので、うれしく思いました。日本人のために作った映画ですが、海外の人たちに理解されたことがうれしい」と喜び、染谷も、「自分の出た映画でこんなに大きな拍手が起こったのははじめてなので、すごくうれしかった」。二階堂は、「本当に楽しかったです。今までと違う、新しい体験をした気がします」と、それぞれ手応えを感じた様子。

本映画祭の授賞式は、現地時間9月10日(土)19:00 (日本時間11日(日)2:00)。
日本映画では、北野武監督の『HANABI』以来、14年ぶりの金獅子賞獲得となるか、大きな注目が集まっている。
2011年9月7日
『ヒミズ』
2012年1月14日(土)新宿バルト9他全国ロードショー
公式サイト:http://himizu.gaga.ne.jp/