ニュース&レポート

アンソニー・ホプキンス&ヘレン・ミレン、『ヒッチコック』ロンドン・プレミアに2ショットで登場!

ヒッチコック

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
映画監督アルフレッド・ヒッチコックと、彼を支えた妻アルマ・レヴィルとの知られざる物語を描いた『ヒッチコック』(原題:HITCHCOCK)。2013年春に日本公開を予定している本作のロンドン・プレミアに、主演のアンソニー・ホプキンスとヘレン・ミレン、サーシャ・ガヴァシ監督が出席した。
アンソニー・ホプキンス&ヘレン・ミレン、『ヒッチコック』ロンドン・プレミアに2ショットで登場!

“サスペンスの神”とうたわれ、映画界の巨匠でありながらも一度もオスカー像を手にすることなく、“アカデミー賞に嫌われた男”と言われるアルフレッド・ヒッチコック。本作は、『サイコ』の撮影現場を舞台に、ヒッチコックと仕事のパートナーでもあった妻アルマ・レヴィルの苦難と愛の葛藤を描いたドラマ。原作は、スティーブン・レベロによる「アルフレッド・ヒッチコック&ザ・メイキング・オブ・サイコ」(白夜書房刊)。ヒッチコック夫妻を、ともにオスカー受賞者で本作が初共演となるアンソニー・ホプキンスとヘレン・ミレンが演じるほか、スカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ダニー・ヒューストン、ジェシカ・ビールなど、オール・スター・キャストが脇を固める。

映画の完成度の高さから、全米では11月23日(金)に公開を早め、現在拡大公開されている本作。12月9日(日)にはヒッチコックの生まれ故郷のイギリスのBFIサウスバンクでロンドン・プレミアを開催し、アンソニー・ホプキンスとヘレン・ミレンが初めて2ショットでお目見えし、華々しくプレミアを彩った。

プレミアでアンソニー・ホプキンスは、「今さらながらだが、ヒッチコックは大スターだし多くの人々に影響を与えたんだ」と、巨匠ヒッチコックの偉大さに触れ、その妻アルマを「ヒッチコックに指示を与え映画を編集した実力者だ。女性の直観や知恵のおかげで、ヒッチコックには見えないものが見えたんだ」と評した。また、アルマを演じたヘレン・ミレンは、「この物語は結婚と仕事の成功例よ。彼女はヒッチコックの影というより同等に優秀だったの」とアピールした。

本作のメガホンをとったのは、脚本家として活躍後、ドキュメンタリー映画『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』で高い評価を受けたサーシャ・ガヴァシ監督。「ロンドンで、主演俳優二人と祝典に参加できて光栄だ」と喜び、本作に込めた想いを「スピルバーグからキューブリックまで、だれもがヒッチコックの影響を受けている。女優との複雑な関係は有名だが、妻アルマが多大な協力をしたことは知られていない。この映画をヒッチコックの物まねにはしたくなかった。最初はそっくりのメイクにしたが、それだとアンソニーがヒッチコックを演じるという面白さが失われてしまうからね」と語った。

『ヒッチコック』
監督:サーシャ・ガヴァシ
脚本:ジョン・マクラフリン
出演:アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、ジェシカ・ビール、ダニー・ヒューストン、ジェームズ・ダーシー、トニ・コレット ほか
配給:20世紀フォックス映画
2013年春、全国ロードショー
2012年12月13日
『ヒッチコック』
2013年4月5日(金)より TOHOシネマズ シャンテ 他全国ロードショー!