ニュース&レポート

「付き合ってくれない?」登坂広臣の“告白”実演に、三木監督が「50点」とダメ出し

ホットロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
紡木たくの伝説的コミックを映画化した『ホットロード』が 16日(土)より全国公開され、丸の内ピカデリーで行われた初日舞台挨拶に、主演の能年玲奈、共演の登坂広臣、木村佳乃、小澤征悦、鈴木亮平、太田莉菜、落合モトキ、竹富聖花と、三木孝浩監督が登壇した。
「付き合ってくれない?」登坂広臣の“告白”実演に、三木監督が「50点」とダメ出し

この日の舞台挨拶は、日本映画史上最多となる全国約200スクリーンでのライブビューイングも実施され、日本全国で約15,000人の観客に生中継された。舞台挨拶中のスクリーンには、全国から寄せられた本編の感想やキャストへの質問がリアルタイムで投影、トークセッションでは実際にその質問にゲストが答えていった。

『ホットロード』初日舞台挨拶『ホットロード』初日舞台挨拶
主人公・和希を演じた能年は、自身と役柄の共通点について「正反対かなと思っていたんですが、一生懸命な部分が共感できた」と語りつつ、「役作りは難しかったです。和希は素直になれないタイプですが、私は昔はストレートに言っていたので、大きく違うところです。例えばうちのお母さんは、私が落ち込んで話している時に楽観的に答えたりして、子供の頃はそれで毎日喧嘩をしていました。今はそういうところも自分の中にあるので、感謝しています」と話した。

江の島での撮影については、三木監督が「冬の夜の風景がとてもキレイだったり、マジックタイムと呼ばれる時間に狙って撮影したことが思い出深いです。そんな空気感が原作にピッタリだった」とコメント。登坂は、真冬の撮影でも、“さらし”1枚に薄手の特攻服を羽織ってバイクに乗るという過酷な撮影になったが、「でも、みんな同じだったので、そのせいでチームが団結したと思います。リアルに着ていた人の男気がわかったような気がした」と話した。

撮影時の共演者とのエピソードについては、和希の親友・えりを演じた竹富が、「クリスマスに能年さんからクッキーとチョコレートの入ったお菓子をもらって嬉しかった」。春山の不良仲間・リチャード役の落合は「登坂くんが『ホットロード』と書いてあるベンチジャンバーをくれたので、他の現場でも使っています。同じシーンが多かったので、いろいろ話ができたし、リラックスさせてくれました」

不良チームのリーダーを演じた鈴木は、「昔はやんちゃだった?」と聞かれると、「やかましいというか、調子乗りでした。先生にうるさいからとガムテープを口に貼られたら、反対に注目を浴びたので、ずっと貼っていた」と告白。役作りについては「トオルのカリスマ感はどうやって出せばいいのか考えたんですが、ネイビーのロングコートを着る人だということで、何かわかった気がした。衣装がトオルの良さを引き立てていた」。トオルの恋人役を演じた太田もまた、「トオルとのペアの衣装に助けられました」と振り返ったものの、「え?ペアだったの?」と鈴木。太田は「気がついてなかったの?全然見てないんだもん(笑)」と、恋人さながらの掛け合いをみせた。

和希のママを演じる木村と、その恋人役の小澤は、学生時代から交流があり「普段は佳乃と呼んでいて、でも共演は初めて。だから『ホットロード』の、学生の頃から知っていて、付き合っているというエピソードは似ているよね。あ、付き合ってはいないか(笑)」と小澤。これに木村は「ちょっと!私、結婚していて子供も2人いるんだから、勘違いされるようなこと言わないでよ!(笑)」と一蹴し、「小澤さんとは小学校から大学まで一緒で、でも2学年上なので先輩です。初めての共演で多少の照れがあったけど、セリフの掛け合いも入りやすくて、楽しく仕事ができました」とコメントした。

また、小澤は能年の印象を「テンポが好き。7秒後ぐらいに返事が返ってくる感じ。映画の中で、和希を説得するシーンがあって、『駄目だ。僕の言葉は全然届いていない』というセリフがあるんですが、一番しっくりきました(笑)」と話し笑わせた。

登坂は劇中の告白シーンに触れられると、「(春山みたいに)あんなに強くは言えないですけど、駆け引きが嫌いなので、好きなら好きって言います」とコメント。隣の鈴木に「例えばどんな風に?」と煽られ、「…好きなんだけど、付き合ってくれない?」と“告白”。「本当は春山のセリフを言えばいいんでしょうけど、『俺の女になってくれない?』は恥ずかしくて言えない(笑)」と照れを見せると、監督から「今のセリフは50点かな(笑)」とダメ出しを受けた。

最後に能年が「この映画は青春がたくさんつまった映画ですので、ぜひ共鳴して響いてくれればと思っています。皆さんの中で特別な映画になってくれれば嬉しいです」と客席にメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。
2014年8月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ホットロード』
2014年8月16日(土)より全国公開
公式サイト:http://www.hotroad-movie.jp