ニュース&レポート

『ハンガー・ゲーム』第3弾L.A.プレミア開催!3,000人のファン大熱狂

ハンガー・ゲーム:モッキングジェイPart1(原題)

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
『ハンガー・ゲーム』シリーズ待望の第3弾『ハンガー・ゲーム:モッキングジェイPart1(原題)』(2015年公開)のL.Aプレミアが行われ、ジェニファー・ローレンスら主要キャストのほか、本作から初参加したジュリアン・ムーアも出席した。
『ハンガー・ゲーム』第3弾L.A.プレミア開催!3,000人のファン大熱狂

シリーズ前作興収は2013年度全米No.1を記録、原作は全米だけでシリーズ累計6500万部突破、過去2作品で全米8.3億ドル、全世界で15.58億ドルを超える驚異のメガヒットを記録しているアクション超大作『ハンガー・ゲーム』シリーズ。

主演のジェニファー・ローレンスは、本シリーズで主人公カットニス役を演じたことで、「最も興行成績を上げたアクション映画のヒロイン」としてギネス世界記録に認定され、シリーズ最新作で更に数字を伸ばすことが期待されている。

『ハンガー・ゲーム』第3弾L.A.プレミア開催!3,000人のファン大熱狂
21日(金)の全米公開を前に、現地時間17日(月)、ロサンゼルスのノキアシアターで行われたL.A.プレミアでは、白いノースリーブのクリスチャンディオールのドレスに身を包んだローレンスをはじめ、共演のジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース、ジュリアン・ムーア、ドナルド・サザーランド、ジェフリー・ライト、サム・クラフリン、マハーシャラ・アリ、ウィロー・シールズ、ナタリー・ドーマー、フランシス・ローレンス(監督)、ニーナ・ジェイコブソン(製作)、ジョン・キリク(製作)が出席。

キャストがレッドカーペットにが登場すると、彼らを一目みようと会場に集まった3,000人のファンから大きな声援が飛び、さらに興奮のあまり、泣き出すファンも。キャストや監督たちは一人でもファンの要望に応えようとサインや写真撮影に応じ、丁寧にファンサービス。全世界からマスコミも200媒体詰めかけ、作品の注目度の高さが伺えるプレミアとなった。

■ジェニファー・ローレンス(カットニス役)

Q. カットニスを演じるうえで一番大変なことは?
A.本作の冒頭では、故郷の第12地区が破壊されて、自分を取り巻く環境も変わってしまってカットニスは動揺を隠しきれずにいる。その部分を演じるのは大変だったわ。

■ジュリアン・ムーア(コイン首相役)

Q.ジェニファーとの共演はいかがでしたか?
A.彼女の才能はずばぬけてるわ。素晴らしい俳優で性格も明るい。ラブリーで面白くて優しい人よ。
Q.オススメのシーンは?
A.そうね、いい質問だわ。たくさんありすぎて難しいわね。ほんとに面白い映画よ。

■エリザベス・バンクス(エフィー役)

Q.撮影最後の日はどうでしたか?
A.最後は泣いたわ。
Q.ジェニファーとの共演はいかがでしたか?
A.楽しかったわ。素晴らしい人で、いい友達で、現場をいい雰囲気にしてくれた。

■ジェフリー・ライト(ビーティー役)

Q.撮影中いたずらもしていたと聞きましたが。
A.ちょっとだけね。ちょっとだけ。
Q. 今作で一番面白いところは?
A.作られた世界が壊されるところだ。当たり前と思っていたものが壊され、みんなが一つになる。そこからどうするかをみんなで考えるんだ。
Q. ジェニファーと共演していかがでしたか?
A.楽しい人だよ。いつも明るいんだ。 

■フランシス・ローレンス監督

Q. マグスかルーを復活させるならどっちですか?
A.最初の作品をやってないけど、リン・コーエンが演じてたからマグスかな。
Q. 現場でのジェニファーはどうでしたか?
A. 最高だよ。プロフェッショナルだし、いつも明るいし、頭もいい。最高の仕事をしてくれた。
Q. 本作のみどころは?
A. カットニスは責任ある大役を請け負い、革命を起こす。彼女がどう戦うかを観てほしい。
Q. 日本のファンにひと言。
A. やあジャパン、ありがとう!!

(C) Matt Sayles/Invision/AP/アフロ
2014年11月20日
『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』
2015年6月5日 TOHOシネマズ みゆき座他全国ロードショー