ニュース&レポート

映画『一命』三池崇史監督と市川海老蔵が、名古屋で大ヒット御礼舞台挨拶

一命

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
10月15日(土)より公開されている映画『一命』。本作の大ヒット御礼舞台挨拶が、愛知県名古屋市のミッドランドスクエアシネマで行われ、主演の市川海老蔵と三池崇史監督が登壇した。
画像:

名古屋での公演のため、15日(土)の東京での初日舞台挨拶に登壇できなかった市川海老蔵だが、この日は舞台の合間を縫って、名古屋の会場に姿を現した。そして、初日に手紙で共演者の瑛太と満島ひかりへメッセージを送った海老蔵へ、今度は瑛太と満島からその返事が届けられた。

瑛太からの手紙には、「海老蔵さん、大好きです。次回敵役で共演する機会があるのならば、私はバストを30センチほどアップして挑みたいと思います」と綴られていたが、海老蔵は、「バストアップ?よくわからないですね(笑)。鍛えるということでしょうか」と苦笑いするも、「ライバルですからね。私も頑張ります」と応えた。

続いて満島からの手紙は、「父親役である海老蔵さんの立ち姿を、その大きな背中を見ているだけで、気持ちが凛としました。同じ映画の中で生きている事を、誇りに思います」。海老蔵は満島について、「素晴らしい方だな、と拝見しました。やはり瑛太君と喋っている方が多かったですね。満島さんは早い時間から入られるので。冬場だったので暖を取りながら瑛太さんとは、ちょうど同じような時期に結婚したので、どうなんだ、ああなんだと…」と、現場でのエピソードを披露した。

また、三池監督については、「僕の心の中のどこかにいつもいらっしゃいます。僕たちは歌舞伎中心なので、歌舞伎の演じ方や心得は知っているのですが、普通の芝居をする上での間とか、距離感とか感覚が衝撃的でした。そういうのを監督だったらどうだったかな、と考えるようになりました」。一方、三池監督は海老蔵について、「彼のたたずまいは修行を積んでいる人間にしか出せない。刀をもって座ってるだけで侍なんです。それは凄く美しい」と絶賛した。

最後に海老蔵は、「時代劇が日本で減っている中、三池監督や瑛太君や満島さんや役所さんら素晴らしい俳優さんとこの映画に出られたこと、こうやって皆さんに見ていただけることを本当に嬉しいことだと感じています。時代劇というものが今後どうなっていくのかも感じていただきながら皆さんに見ていただけると嬉しいなと思っています」。三池監督も、「スタッフ、キャストの持てる力を普段の120%出し切って、限界を超えている作品に仕上がっていると思います。お話がお話なので、いまどきの映画は見やすい方が楽ですが、この半四郎の見た世界を体験してほしいと思います。皆さんの感じるままに楽しんでいただいて、気に入っていただけましたら、他の方にもお声かけて応援していただければと思います」とメッセージを送った。
2011年10月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『一命』
2011年10月15日(土)ロードショー
公式サイト:http://www.ichimei.jp