ニュース&レポート

ホラー映画で背筋は凍るのか?岡本夏生が『インシディアス』納涼試写会で公開実験

インシディアス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
8月27日(土)より公開される映画『インシディアス』の納涼試写会イベントが行われ、岡本夏生がゲストとして登壇。「ホラー映画を見ると本当に背筋が凍るのか?」をテーマに、サーモグラフィカメラを導入した公開実験に臨んだ。
ホラー映画で背筋は凍るのか?岡本夏生が『インシディアス』納涼試写会で公開実験

『インシディアス』納涼試写会『インシディアス』納涼試写会
映画『インシディアス』は、新居に引っ越してきた一家が経験する恐怖を描いたホラー作品。家に取り憑いていたと思われる“何か”は、既に家族に取り憑き、引っ越してもその恐怖は止まらない…というもの。日本でも大ヒットを記録した、『ソウ』のジェームズ・ワン監督と、『パラノーマル・アクティビティ』のオーレン・ペリ監督という、現代のホラーマスターが奇跡のタッグを組み、“本当に怖いもの”をひたすら追求したという、暑い夏にぴったりのホラームービーだ。

公開実験の被験者として登壇した岡本夏生は、露出度の高い真っ赤なボディコンという、文字通りスーパークールビズスタイル。『ソウ』シリーズも全て鑑賞しているほどのホラー好きと自負する岡本は、「ごみ屋敷だからリモコンがどっかいっちゃって、エアコンを10年間付けてないのよ。こういうホラー映画で体感温度を下げたいわ」と意気込みながら、「私は、今までホラー映画で目をふさいだことがなくて、逆にもっと見てやろうという気持ちで観てやるの。久しぶりに観る映画がホラー映画ってことで、正に私の人生そのものよ」と、乗り気で語った。

気になる実験結果は、サーモグラフィーの結果を見ると、確かに映画を見る前と見た後では、皮膚表面温度にかなりの温度差がでていることがわかる。上映中の岡本は、音の演出も話題の本作の効果に見事にはまり、その大きなリアクションもしっかりとカメラに収められていた。

鑑賞後、映画の感想を聞かれた岡本は、「ラスト30分からは、もうどうにかなっちゃうくらい怖いわよ!おかげさまで、とても涼しくなったわ。それにこの映画、絶対シリーズ化狙っているわ。私も、ハリウッドデビュー目指すわよ!」と、恐怖に引きつった笑顔ながら、変わらぬ貪欲さもアピールした。
2011年8月22日
『インシディアス』
2011年8月27日(土)、シネマサンシャイン池袋、TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー