ニュース&レポート

『ダイバージェントNEO』予告編&ポスター解禁!日本公開は10月に決定

ダイバージェントNEO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ベロニカ・ロス原作の世界的ベストセラー「ダイバージェント」シリーズの映画化第2弾『ダイバージェントNEO』の日本公開が、10月16日(金)に決定し、予告編とポスタービジュアルが到着した。
『ダイバージェントNEO』予告編&ポスター解禁!日本公開は10月に決定
2週連続1位を狙う『シンデレラ』を抜き、全米初登場第1位の大ヒットスタートを記録した本作は、前作『ダイバージェント』のヒットを受け、製作費が、前作の8500万ドルから1億2000万ドルに大幅アップ。製作のサミット・エンタテインメント=ライオンズ・ゲート社は、『ハンガー・ゲーム』シリーズも製作しており、今世紀最強のSFアクション超大作シリーズ『ハンガー・ゲーム』に次ぐ、ヒットシリーズとなった。

『トワイライト』シリーズや、『ハンガー・ゲーム』シリーズの制作で大きな役割を担ったライオンズゲートグループの共同社長であるエリック・フェイグは、「心を惹き付けるプロットや豪華なキャスト、そしてたくさんの愛情と、激しいスタントや視覚効果を結び付け、非常に満足できるユニークな映画体験だ」と語る。

物語の舞台は、全人類を性格で振り分け、【勇敢】【無欲】【高潔】【平和】【博学】という5つの共同体で管理される世界。その世界で危険視される【異端者=ダイバージェント】であることが分かり、命を狙われたトリス(シャイリーン・ウッドリー)。恋人フォ(テオ・ジェームズ)ーと共に、宿敵である【博学】の権力者・ジェニーン(ケイト・ウインスレット)の手から逃れようとしていた。

到着した映像では、なぜ【博学】の指導者たちが【異端者】を排斥しようとするのか?今は亡きトリスの両親が命を懸けて守ろうとした「箱」の中に隠された秘密とは?益々謎が深まる内容になっている。



また、本作のムビチケカードも本日(6/5)より発売開始。特典として、<選ばれし、異端者(ダイバージェント)のみが攻略できるオリジナルキューブ>がついてくる。
2015年6月5日
『ダイバージェントNEO』
2015年10月16日(金)全国ロードショー