ニュース&レポート

吉川晃司、同世代・唐沢寿明のアクションに「泣けた!」 映画『イン・ザ・ヒーロー』で主題歌担当

イン・ザ・ヒーロー

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
9月6日(土)公開の映画『イン・ザ・ヒーロー』のキックオフ会見が6月30日(月)に行われ、主演の唐沢寿明、脚本の水野敬也、武正晴監督、そして本作の主題歌「Dream On」を担当する、吉川晃司が登壇した。
吉川晃司、同世代・唐沢寿明のアクションに「泣けた!」 映画『イン・ザ・ヒーロー』で主題歌担当

映画『イン・ザ・ヒーロー』は、観客に顔を知られることなく、肉体を酷使しながら闘う“スーツアクター”が主人公の物語。ブルース・リーを崇拝し、命をも落としかねない危険なスタントに挑む主人公・本城渉に唐沢寿明。人気絶頂のアイドル俳優・一ノ瀬リョウを福士蒼汰が演じるほか、黒谷友香、寺島進、日向丈らが出演する。

過去にスーツアクターをやっていた経験のある唐沢は、「自分の経験談かと思った。スーツアクターの経験がある方ならお分かりかと思いますが、本当にこんな生活です。現場にいったら、かぶるだけ、飛ぶだけ、切られるだけですから」と語りつつ、「とにかく精一杯、一生懸命やるしかない撮影の連続だった。この想いが観客の皆さんに届けばいいと思います」と熱弁。また、筋トレや食事制限で役作りしたことも語り、「ストイックに筋トレしてたら、奥さんに「もうやめたら?」って言われました。仕事だっていうのに! 」と、妻・山口智子とのエピソードも披露した。

本作の主題歌を担当することになった吉川は、「映像を観たときは、ものすげえいい映画だなと感動したので、全力で曲を書かせていただきました。映像と合わせて泣ける楽曲になっていると思います 」。また、劇中の唐沢のアクションに吉川は「唐沢さんは歳も近いので、アクションが大変な気持ちがわかります。僕もステージで暴れるので、この歳になると骨折ったりとかしょっちゅうです。でも唐沢さんは映画の中で飛んだり跳ねたりして本当に素晴らしかった!これが日本の映画だ、という感じで、けっこう泣きました」と賞賛した。

「夢をかなえるゾウ」で200万部以上を売り上げ、本作がはじめての劇場映画脚本執筆となった水野は、「完全オリジナル脚本で、魅力ある作品に到達するまで集中できるように他の仕事を1年入れないでくれと事務所に頼んだくらい。何回も直して、これこそ映画のあるべき姿になりました」とコメント。さらに武監督は唐沢の様子について「役というより本人がやっているその気迫にスタッフも引っ張られました。あのラストの立ち回りはもう二度とできないんじゃないかと思います」と撮影時を振り返った。

また、この日は映画のストーリーにちなみ、それぞれが“夢を追っていた頃”の写真も大公開。18歳頃にアクションショーに出演した時の写真が披露されると唐沢は、「ショーに出て、顔を出して演技が出来る時はすごく嬉しかった。あの頃は誰も自分の事を見ていなくても、誰かがどこかで自分を見てると信じて疑わなかった」と当時を感慨深げに振り返った。

そして吉川の“あの頃”は、高校1年生の水球選手時代とデビュー当時の写真。「スポーツ選手かミュージシャンになりたくてどっちもやってました」と語り、いまの「夢」を聞かれた吉川は、「子供のころ描いていた自分に一歩でも近づくことですかね。人間は亡くなるときに完成するって言いますから。ローリング・ストーンズも70歳過ぎてもバリバリやってるじゃないですか。ゴールはないので、いつまでも噛みついていきたいと思ってます」

最後に唐沢は「アナログ感たっぷりだけど、肉体一つで勝負している作品。子供からおじいちゃんおばあちゃんまで観てほしいと思います。せっかく作った映画ですから、より多くの方に楽しんでもらいたいです。そのためにはみんな巻き込んで宣伝しないと。トム・クルーズだってやってますよ!」と話し、公開に向けての意気込みを語った。
2014年7月1日
『イン・ザ・ヒーロー』
公式サイト:http://IN-THE-HERO.com