ニュース&レポート

クリント・イーストウッド監督最新作のワールドプレミアに渡辺謙夫妻も来場!!

インビクタス/負けざる者たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
2010年2月5日(金)から全国公開となるクリント・イーストウッド監督最新作『インビクタス/負けざる者たち』のワールドプレミアが、12月3日(現地時間)、ロサンゼルスのACADEMY OF MOTION PICTURE ARTS &SCIENCESにて開催され、監督やキャスト陣のほか、渡辺謙らがレッドカーペットに登場した。
画像:『インビクタス/負けざる者たち』


インビクタス/負けざる者たち』は、『ミリオンダラー・ベイビー』、『許されざる者』など、4度のオスカー受賞を誇るクリント・イーストウッド監督の、記念すべき監督第30作目。

モーガン・フリーマン扮するネルソン・マンデラが、アパルトヘイトの余波の残る南アフリカで、ラグビーチームのキャプテン、フランソワ・ピエナール(マット・デイモン)と共に、国を、国民の心を“ひとつ”にしようとした感動の物語。

画像:『インビクタス/負けざる者たち』画像:『インビクタス/負けざる者たち』
ナショナル・ボード・オブ・レビューにて監督賞(クリント・イーストウッド)と主演男優賞(モーガン・フリーマン)を受賞、早くもアカデミー賞最有力候補として話題となっている本作のワールド・プレミアでは、イーストウッド監督、モーガン・フリーマン、マット・デイモンのほか、渡辺謙やネルソン・マンデラの実の娘と孫らも来場した。

硫黄島からの手紙』でイーストウッド監督作品に出演した渡辺謙は、「監督がこの話を撮るのは聞いていました。日本公開より先に観れるということで絶対観ておきたかった。クリントとはメールのやりとりくらいですが、もし、要請があったら、どんなことがあっても、いつでも、短いシーンでも是非お受けしたいと思ってます。」と、イーストウッド作品への再出演を熱望した。

ネルソン・マンデラの娘から「彼以上の人はいない、父の歩き方などそっくり」とお墨付きのモーガン・フリーマンは、「みなさんに喜んでもらえる作品。是非観に行ってください。」とアピール。

続いてマット・デイモンは、イーストウッド作品への出演について「役者としてこれ以上の経験はない。(ロバート)デ・ニーロと仕事するみたいなものだよ。アイコン(雲の上の人)として見てはだめなんだ。仕事にならないからね。」と語り、本作について「脚本・原作がすばらしい。ネルソン・マンデラを語る上でかかせない最高のストーリーだ。」とアピールした。

そして、監督のクリント・イーストウッドが登場。来場した渡辺について、「謙はすばらしいアクターだし、『硫黄島からの手紙』では、素晴らしい時間を過ごすことができた。また一緒にやりたいと思う」とラブコール。日本に向けて「日本に対しては良い印象がある。『グラン・トリノ』も受け入れてもらえたしね。僕の心は日本にある。」とメッセージを送り、「I’ll be back!!」と、来日をにおわせる発言も飛び出した。
2009年12月8日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『インビクタス/負けざる者たち』
2010年2月5日(金)より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.invictus.jp