ニュース&レポート

マット・デイモン『ジェイソン・ボーン』ラスベガスプレミアにA・ヴィキャンデルら新顔も集結

ジェイソン・ボーン

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
10月7日(金)より公開される「ボーン」シリーズ最新作『ジェイソン・ボーン』。本作の北米公開を目前に、ワールドプレミアが7月18日夜(現地時間)にラスベガスにある劇場Colosseum at Caesars Palaceにて開催された。
マット・デイモン『ジェイソン・ボーン』ラスベガスプレミアにA・ヴィキャンデルら新顔も集結

記憶を失い、愛する者を奪われた最強の暗殺者=ジェイソン・ボーンの闘いを描いた「ボーン」シリーズ。最新作では、ポール・グリーングラス監督とマット・デイモンのシリーズ最強タッグが復活し、さらに本年度アカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル、そしてトミー・リー・ジョーンズやヴァンサン・カッセルといった名優が新たに加わる事が決定。孤高の暗殺者の物語は、遂に<新章>へと突入する。

北米公開を7月29日に控え、7月18日夜(現地時間)にアメリカ、ネバダ州のラスベガスにある劇場Colosseum at Caesars Palaceにて行われたワールドプレミアでは、「JAISON BOURNE」と記されたブラック・カーペットが敷かれ、隣にはカジノというまさにラスベガスらしさ満載の会場に、本作の公開を今か今かと待ちわびる大勢のファンが集結。会場に豪華スタッフ、キャストが登場すると、大きな歓声が巻き起こった。

スーツ姿をピシリと決めた主演のマット・デイモンは、常に笑みを絶やさず、相変わらずのナイスガイぶりで人々を魅了。今作でボーンと大きな関わりを持つことになるCIAエージェント役のアリシア・ヴィキャンデル(『リリーのすべて』でアカデミー賞を受賞)はルイ・ヴィトンのドレスを着て登場。とびきりの笑顔を振りまき、ファンとの交流を楽しんでいた様子。

また、監督のポール・グリーングラスや、ボーンとつながりの深い元同僚役のジュリア・スタイルズといったシリーズおなじみの面々から、トミー・リー・ジョーンズやヴァンサン・カッセルら、新しい顔ぶれが勢ぞろいし、パワーアップして帰ってきた本作にふさわしい、豪華なプレミアイベントとなった。

マット・デイモン『ジェイソン・ボーン』ラスベガスプレミアにA・ヴィキャンデルら新顔も集結

マット・デイモン コメント

ジェイソン・ボーンという役には本当に感謝している。この役は僕のキャリアを変えてくれた。この(映画の)仕事は本当に好きだし、これまで色々な映画を作ってこられたけど、それもこのジェイソン・ボーンという役のお陰だと思っているんだ。

アリシア・ヴィキャンデル コメント

Q: あなたはボーンシリーズの大ファンだと聞きましたが、今作に出られてどうでしたか?
撮影の初日、私のシーンはなかったんだけれど、ヘアメイクのテストの為にセットにいったの。撮影現場に行きたくて。というのもマットに会ったことがなかったし、だからワクワクしながら、恐る恐る現場を歩いて、ちょうど地下でマットがボクシングをする冒頭シーンを撮影していたのだけど、人垣の向こうにマットが見えた。「わあ、ジェイソン・ボーンがあそこにいる」って思ったわ。
自分が大好きな作品の世界に足を踏み入れた気分だったの。

Q:あなたのキャラは10年前のシリーズにはいませんでしたね。
A:そうね。それは私が初めてポールに会った時にお願いしたことなの。ボーンの3作目が終わった時、もしかしたら私も『ジェイソン・ボーン』に出演できるかもと思ったのだけど、世界はこの10年の間に変わったわ。
ボーンシリーズは新聞で皆が読むような時代性の高いテーマを絡ませることで知られているからこの世代、才能、テクノロジーを象徴するような役を演じられてワクワクしたの。

Q: 2ヶ月ラスベガスに滞在し撮影したと聞きましたが、この街はどうですか?
A: またここに戻って来られてとても嬉しいわ。だってここは動くことを止めないユニークな街だし。最初はこの街に圧倒されるんだけど、ずっといると、「ここは私の住む街、良いコーヒーショップがどこなのかも知ってるし!」という気持ちになって、前に思っていた単なる”賑やかな街”ではなくなるの。だから、撮影の時の良い思い出も色々あって、戻って来れて本当に嬉しいわ。

トミー・リー・ジョーンズ コメント

Q: 歴史があり人気もあるボーンシリーズに新たな敵役として参加したことはどうでしたか?
A: 引き受けることが出来て良かった仕事だったよ。出演できたのはとても嬉しいし光栄だ

Q: ポール・グリーングラス監督や他のスタッフと仕事をしてみて、何か特別なことはありましたか?
A: ポールが他の監督と違うところは、たくさんのカメラを同時に回すことだ。
普段しない経験だったよ。

■ポール・グリーングラス コメント

Q: 前作から長い時間が経ちました。またこのシリーズに戻ってきたことをどう思いますか?
A: (ラスベガスは)暑いね!ふう。…そうだね、長い時間が経った。実は以前にも一度作ろうという話になったことがあったけれど、その時は一度止めて、そして今作りたいという話になって、今回作ることになったんだ。
”イケる”と感じた時に撮る、とってもシンプルさ。

Q: 撮影で滞在したラスベガスに戻ってきてどう思いますか?
A: 観客の反応を楽しみにしているよ ここは本当にたくさんのカルチャーがあるだろう?とにかくまた戻って来れて嬉しいよ。
ベガスの人はとても親切にしてくれた。市の機関や住人達はとても忍耐強く協力してくれたんだ。最高だよ。

Q: マットと再タッグを組んでどうですか?
A: 彼はファンタスティックだよ!本当に良い奴なんだ。なんたって彼はジェイソン・ボーンなんだから!

2016年7月22日
『ジェイソン・ボーン』
2016年10月7日(金)よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国公開
公式サイト:http://BOURNE.jp