ニュース&レポート

キアヌ・リーブス、柔道金メダリスト野村忠宏から黒帯贈られ歓喜 『ジョン・ウィック』ジャパンプレミア

ジョン・ウィック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
10月16日(金)公開の映画『ジョン・ウィック』のプロモーションのため、主演のキアヌ・リーブスが来日しジャパンプレミアに登壇。オリンピックで3度の金メダルを獲得した柔道家・ 野村忠宏がお祝いに駆けつけた。
キアヌ・リーブス、柔道金メダリスト野村忠宏から黒帯贈られ歓喜 『ジョン・ウィック』ジャパンプレミア

朝早くから並んでいたファンも多く試写会場には約600人の観客が集まり、抽選で当たった約300人のファンがレッドカーペットを囲む中、キアヌ・リーブスが車で乗り付けると、大歓声が沸き起こった。黒のスーツに身を包んだキアヌは、ジョン・ウィックの愛車でもあるマスタングを前にフォトセッション。その後はレッドカーペット上でサウンドバイツと、サインや握手などファンサービスに笑顔で応じた。

ステージでキアヌは「 ミナサーン、コンバンハ!」と日本語で挨拶。7月に鈴鹿8耐レースのため来日したばかりだが、「日本の好きな所は?」と聞かれると「オーマイゴット!日本は光が美しい国。日本の人たちは素晴らしい。日本の方とよく仕事しているが、皆さん素晴らしい。そして食事もおいしい。日本文化・建築物も素晴らしい」と褒めちぎった。

映画『ジョン・ウィック』については「脚本が素晴らしかったし、ジョン・ウィックというキャラクターも魅力的。アクションはもちろん、情熱的で、なおかつコメディも散りばめてある」と出演の理由を語り、「アクション満載で、監督がこだわって撮影している。編集でごまかさず、長回しでね。キャラに共感できるリアルアクションを追求していて、俳優に負担がかかるんだけど、できるだけのことはしたよ。柔道あり、ガンアクションありの新しいタイプのアクションで監督が“ガン・フー”と命名したんだ。カーアクションもあるよ、名付けて(ガン・フーにちなんで)カー・フーと言うんだ(笑)」とアクションシーンをアピールした。

ここで、柔道や柔術のトレーニングを積んだキアヌの来日を祝し、アトランタ、シドニー、アテネと3大会連続でオリンピックを制した柔道家・野村忠宏がスペシャルゲストして登場。「若い頃から「マトリックス」などキアヌさんの映画を見てきたので、オリンピックとは違う緊張でぶるぶるしています」という野村は、キアヌへジョン・ウィックの名前入りの黒帯をプレゼント。キアヌは「野村さんの華々しい経歴は重々承知しています。そのような素晴らしい方からこのようなプレゼントをいただき、大変光栄です」と喜び、トークのために一旦黒帯をスタッフへ預けるよう促されると、「いやだ!」と駄々をこねる場面も。

その後、野村とのトークではアクションシーンについて熱く語り、二人が投げ技をエアーで何度も繰り出すと客席からも大きなどよめきが。最後に「映画を楽しんで」とメッセージを残し、何度も丁寧に日本式のお辞儀をして、手を振りながら去っていくキアヌに、会場は熱気と興奮を包まれた。
2015年10月1日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ジョン・ウィック』
2015年10月16日(金)全国ロードショー
公式サイト:http://johnwick.jp