ニュース&レポート

広末涼子「かわいすぎてNG」、笑顔封印の苦労を明かす。『鍵泥棒のメソッド』完成披露試写会

鍵泥棒のメソッド

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
『アフタースクール』の内田けんじ監督最新作『鍵泥棒のメソッド』の完成披露試写会が1日(水)、東京・千代田区のイイノホールで行われ、堺雅人、広末涼子、香川照之、森口瑤子ら豪華キャスト陣と内田監督が登壇。サプライズゲストとして主題歌を担当した吉井和哉が駆けつけた。
広末涼子「かわいすぎてNG」、笑顔封印の苦労を明かす。『鍵泥棒のメソッド』完成披露試写会

映画『鍵泥棒のメソッド』は、売れない貧乏役者と、記憶を失った殺し屋の人生が入れ替わったことから巻き起こる悲喜劇を描いたドラマ。殺し屋を演じることになり、危険な依頼を受けて大ピンチに陥る役者・桜井を堺雅人。記憶をなくし役者を目指すことになる殺し屋・コンドウに香川照之。そんなコンドウに好感を覚え逆プロポーズする婚活女性に広末涼子を配し、笑いとハラハラ・ドキドキのサスペンス、そしてトキメキまでを織り込んだエンターテインメント作品だ。

舞台に登壇したゲストたちは、「本当に面白いから期待してみてください!」(堺)。「期待を裏切らない作品になっています。面白いので、是非楽しんでください」(香川)。「はぁ…本当に面白いですよ!女性の方はキュンキュンしちゃうと思います」(広末)と、口を揃えて映画の面白さを大プッシュ。劇中で大金の行方の鍵を握る女に扮した森口は、「キュンキュンどころじゃないです!大変なことになっちゃいますよ」と、さらに観客の期待を煽った。

『アフタースクール』に続き、内田監督作品への参加となった堺は、「前作はストーリーが複雑すぎて、台本一回を読んだだけでは理解できなくて…(笑)。でも今回は、解りやすくて一言で面白い!と言える作品だったので嬉しかった」と述懐。記憶を失う前後で両極端の役柄を演じた香川は、撮影を振り返り「基本的には自分自身、そのまんまです(笑)!内田監督の指示の元、言うとおりに演じさせていただきました。本当にお話しが面白いので、今回はアドリブなどもほとんどいれていません。内田監督の世界感が出せているといいな、と思います」

そして広末は、婚活に奮闘する、真面目で几帳面な女性編集長を演じるため笑顔を封印。「実際の撮影では、堺さんも香川さんも吹き出しちゃいそうなお芝居ばかりされるから(笑)、こらえるのが大変でした。劇中では笑えなかったので…みなさん私の分までたくさん笑ってください!」と広末が撮影の苦労を明かすと、堺が「広末さんがかわいすぎてNG、というカットもありましたしね(笑)」と振り返り、会場を笑わせた。

舞台挨拶の後半では、主題歌を担当した吉井和哉もサプライズで登場し、先日発表された上海国際映画祭での脚本賞受賞を祝い、監督へ花束を手渡した。吉井は、「自分が思っている日々のテーマとうまくはまってくれればいいな、と思って作りました」と、自身初の映画描き下ろし曲である『点描のしくみ』制作秘話を披露。映画については、「内田監督の音楽好きがよくわかるし、とにかく面白い!丁寧に描かれた点と点が集まって、素敵なお話しになっていると思います。…次は出演したい(笑)」と絶賛コメント。以前から吉井の大ファンだったという内田監督は大喜びで、楽曲について「とにかくかっこいい!!と思って聞いていました。吉井さんの新曲が聞けるだけでも嬉しかったですね」とコメント。

最後に内田監督は、「自分自身が早く映画を観たいと思って作っていました。どの俳優さんもすごくいい表情で演じてくれましたから。年月をかけて、吐いたり泣いたりしながら愛情をかけた作品です。頭を使わずに楽しめる作品だと思うのでリラックスしてみてください」と映画をPRした。
2012年8月2日
『鍵泥棒のメソッド』
2012年9月15日(土)シネクイント他全国ロードショー
公式サイト:http://kagidoro.com/