ニュース&レポート

三浦友和、ダメ父役で「好感度なくした」と嘆き カラオケ熱唱シーンは百恵夫人と練習

葛城事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『その夜の侍』の赤堀雅秋監督最新作『葛城事件』の初日舞台挨拶が18(土)、新宿バルト9にて行われ、主演の三浦友和、共演の新井浩文、若葉竜也、田中麗奈、赤堀雅秋監督が登壇した。
三浦友和、ダメ父役で「好感度なくした」と嘆き カラオケ熱唱シーンは百恵夫人と練習

映画上映後、満席の客席より拍手で迎えられた監督とキャストたち。『その夜の侍』に続き2作目の監督作品となる赤堀雅秋監督は「この映画を観た後でどんよりしているかと思いきや、温かい拍手で迎えていただき安心しました。巷では“救いようのない映画”だとか“絶望しかない映画”だとか言われてますが、僕としては“希望の映画”だと思っています」と最新作へ強い自信をのぞかせた。

抑圧的に家族を支配し崩壊へと導く父親・清を演じた三浦は「この度は葛城清が、大変失礼いたしました(笑)。こういった作品ですので、いろいろな感情がみなさんの胸の中に渦巻いてると思います。是非いろいろな感想をより多くの人に広めて頂ければと思います」と挨拶すると、突然胸ポケットから新聞の切り抜きを取り出し、「昨日の夕刊を切り抜いて持ってきたんですが、この作品の広告が掲載されていました。“邦画史上類を見ない家庭崩壊映画の誕生”“2度と見たくない名作”と試写で観た一般の方からのコメントが載っているんですよ(笑)」と発表すると客席からは大きな笑いと拍手が。

長男・保を演じた新井浩文は「さっき写真撮影の時に持つパネルを裏で見たのですが、“大ヒット中”と書いてましたが、大ヒットかどうかはこれからなので!みなさん是非映画の感想を広げください」とアピール。舞台版葛城事件では次男・稔を演じ、再び赤堀監督と一緒に仕事をした感想を聞かれ「監督は役者もやってますけど、正直役者としてはうちの方が上です(笑)。監督の演出も好きだし脚本も上手いけど役者をやらせたら赤堀さん、余計な小芝居が多いんですよ」といきなりのダメ出しに監督もタジタジ。

そしてオーディションで次男・稔役を勝ち取った若葉竜也は「撮影期間中は濃密すぎてあまり覚えてないです。とにかく初日はがちがちでした」と答えると、三浦からは「若葉君が10代の頃に親子役で1度共演していて、その頃は清く正しい息子で、“目玉焼きの黄身は柔らかくしてって言ったじゃないかー”って言ってたのに、数年たってこんなのになっちゃったね(笑)、稔役が若葉君と聞いて少し心配してましたが、本読みの時に完全に稔になっていて驚きました」と讃えた。

死刑囚となった次男・稔と獄中結婚をした女性・星野順子を演じた田中麗奈は、「獄中結婚という貴重な体験をさせていただきました。謎が多い女性なだけに役に熱くなれて、私自身すごく思い入れが強い作品となりました」

今回、赤堀監督からの熱いラブコールを受けて主演を引き受けたという三浦は、脚本を読んだときの感想を聞かれ、「清の孤独な部分や、弱さにすごく惹かれました」と答え、赤堀監督は三浦への演出上特にこだわった部分を聞かれると「演出をしていると行間や伝わりにくい細かなニュアンスを伝える作業がたくさんあるんですが、おこがましくも三浦さんとは、どこか通じ合えていると思っていたので今回現場でのリクエストは少なかったですね」と回答した。

次に印象に残っているシーンを聞かれた三浦は「僕は「3年目の浮気」に命をかけました」と、劇中で父・清がいきつけのスナックでカラオケを熱唱するシーンを挙げると場内は大爆笑。「(練習のために)奥さんと歌ったんですよね?」と聞かれると「はい、良いストレス発散となりました」とのエピソードも披露。続いて最悪な父親・清を演じたことについて、「今回芸能人にとって大事なものの一つ、“好感度”を失くしてしまいました(笑)。次は、優しいお医者さんや、物わかりのいい警察官などの役を選んでいきたいと思います」と会場を沸かせた。

最後に三浦が「現在公開中の『64』にも出演しています。あちらとは大きく規模感が違いますが、スクリーンで上映されれば同じ土俵です。『葛城事件』も多くの方々に評価して頂けると嬉しいです」と観客に挨拶をし、大きな拍手の中舞台挨拶は終了した。
2016年6月20日
『葛城事件』
2016年6月18日(土)より、新宿バルト9他全国ロードショー
公式サイト:http://katsuragi-jiken.com