ニュース&レポート

橋本愛&役所広司、バイオレンスシーンでお互い傷だらけに…映画『渇き。』初日舞台挨拶

渇き。

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
中島哲也監督の最新作『渇き。』の初日舞台挨拶が28日(土)、TOHOシネマズ日本橋にて行われ、役所広司、小松菜奈、橋本愛、中谷美紀ら出演者と、中島哲也監督が登壇した。
橋本愛&役所広司、バイオレンスシーンでお互い傷だらけに…映画『渇き。』初日舞台挨拶

400席の会場が満席となった舞台挨拶。衝撃度の高さから賛否両論を巻き起こしている本作ゆえに、中島監督は「途中で帰ってしまった人が大勢いるかもと心配していたので、たくさんの方が残ってくれていて嬉しい」と安心した様子。主演の役所は「こんなダメなやつの役は初めてでした。多くのことにチャレンジした作品なので、たくさんの方に観ていただけると嬉しい」と公開を迎えた心境を語り、監督は「主人公・藤島の暴力的な部分と滑稽な部分の両面を演じられるのは役所さんしかいないと思っていたから、引き受けてくれてよかった。好感度が下がりそうな役なのに…。役所さんがいなかったらこの映画はできなかった」と感謝を口にした。

豪華な俳優陣による演技合戦が見どころの本作だが、ハードな描写が多いため撮影も過酷をきわめた様子。役所が橋本にノックアウトされるシーンの撮影では「電流は通らないが、針はついたままのスタンガンを当てられたので、その針の傷が10個くらいついた。橋本さんとの思い出の傷です(笑)」と役所。対する橋本も「そのシーンの翌日はあざだらけでした。おあいこですね(笑)」と振り返った。

常軌を逸したように笑い続け、周りを翻弄していくヒロイン・加奈子を演じた小松は「思いっきり笑うのって難しいんです。途中で冷めちゃったりもして…大変でした」とコメント。本作が映画初出演となった小松だが、厳しいことで有名な中島監督や、大先輩の共演者たちにも可愛がられていた様子。中谷が「監督は男性キャストだけ撮影のときには『加奈子がいない』と寂しそうで。加奈子の写真を貼って、いつもそのイメージを頭に置きながら撮影されていました」と監督の意外な一面を暴露すると、監督も負けじと「中谷さんも小松さんのクランクアップのときには号泣してたよね」とエピソードを披露。

「すべてが初めてだった」という小松は「オーディションのときにはこれから女優をやっていきたいのか分からなかったんですが、『渇き。』を経験したことで、これからも色々な役にチャレンジしていきたいと思うようになりました」とコメントし、これからの活躍を予感させた。

最後に会場の観客に映画の感想を「愛」か「劇薬」か、うちわで示してもらったが結果は真っ二つ。役所は「映画に出る人間としては中島監督がこういう作品を作ってくれて嬉しい。『渇き。』をきっかけにまたいろいろな種類の映画が作られると良いですよね。何度か観ると違った何かが見える、そんな映画だと思うので、ぜひたくさん人に見てもらいたい」とPRした。
2014年6月30日
『渇き。』
2014年6月27日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー
公式サイト:http://kawaki.gaga.ne.jp/