ニュース&レポート

神田うの、ダメな男とイイ男を見極めてくれる愛犬と登場!『きな子〜見習い警察犬の物語〜』

きな子~見習い警察犬の物語~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
映画『きな子〜見習い警察犬の物語〜』の公開を控え、都内で試写会が行われ、“犬と人との絆”というテーマに共感した神田うのと、主題歌を歌うアーティストMetis(メティス)が、それぞれの愛犬とともにトークショーに登壇した。
画像:

トークショーのはじめには、ドッグトレーナーの宮忠臣氏が登壇。宮氏は『南極物語』や『ハチ公物語』、近年では『クイール』『マリと子犬の物語』など、数々の動物映画に携わってきた第一人者。今回のきな子のキャスティングについては、「普通は、頭が良くてかっこいい犬を選ぶのですが、今回はあまりかっこよくない、でも憎めない愛くるしさを持っている犬を選びました。目が大きいので、シーンによって、色々な表情が出せたと思います」と語り、きな子を紹介。すると、つるつるした床の上で足を滑らせながらきな子が登場し、そのぎこちない動きに会場は温かい笑いに包まれた。

続いて、神田うのと、主題歌を歌うMetisが登壇。愛犬家としても知られる神田は、愛犬ロケットとの絆について「どこに行くにも一緒です。一緒に新幹線に乗って地方も行ったし、撮影の時も、人の言葉を理解して、良い子でいるんです。「こうしたら私が喜んでくれる」ということもわかっていて、辛かったり悲しかったりした時もそばにいて癒してくれました。この子がいてくれたことで、助けられたことがたくさんあります。この子のおかげで、家族同士の絆も深まりますし、大活躍です」と、エピソードを語った。

本作の主題歌「only one〜逢いたくて〜」を書き下ろしたMetisは、「この曲のテーマは、大きな愛。相手を本当に愛する強い愛を描きました。誰にでも、動物や人、故郷とか、離れてみて初めて、本当に大切な存在と気付くことがあると思います。その存在に対して「今すぐ会いたい」という強い気持ちを歌った壮大なバラードです。私自身も、自分にとって大切なもの、人を思って作りました。皆さんも大切なもの、人を思う気持ちを忘れないでほしいなと思います」と話し、主題歌を披露。きな子はしっぽを振ってMetisの生歌を応援していた。

トークショー後の囲み取材では、「独身時代にロケットに守られていた」と語る神田。「見る目があるので、言い寄ってくる男性を”キャンキャン”って吠えて追っ払ってくれました。「この人はいいよ、あの人はダメ」とか(笑)。でも、自分がOK出した男性なのに、その男性と仲良くしていると、やきもち焼いちゃうんですよね、おかまなのに」と笑い飛ばしていた。

また、映画について神田は「きな子が、とっても愛くるしくて、可愛くて、杏子と一生懸命頑張っている姿に感動しました。ただ可愛い犬の物語じゃなくて、犬と人間の愛・絆、そして犬を通じて、家族との絆や、大きな愛を描いている物語です」と話し、Metisも「本当に涙をたくさん流して観た映画です。犬と人間との絆を描いていますが、人と人との絆も描いている素晴らしい映画ですので、是非ご家族や大切な人と観て下さい」とアピールした。
2010年8月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『きな子~見習い警察犬の物語~』
公式サイト:http://www.kinako-movie.jp/