ニュース&レポート

高橋優、「陽はまた昇る」生披露!神木隆之介、橋本愛も大感激

桐島、部活やめるってよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
8月11日より公開される映画『桐島、部活やめるってよ』と、中高生に圧倒的人気を誇るラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」のコラボが実現。中高生を招待した試写会イベントが8日(水)、TOKYO FMホールで行われ、神木隆之介、橋本愛、大後寿々花ら出演者が登壇。主題歌を歌う高橋優も生歌を披露した。
高橋優、「陽はまた昇る」生披露!神木隆之介、橋本愛も大感激

この日のイベントは、TOKYO FMほかJFN38局で放送中の、中高生に圧倒的人気を誇るカリスマ番組「SCHOOL OF LOCK!」とのコラボで行われ、番組のリスナー=中高生の生徒300人が招待された。上映終了後には、「SCHOOL OF LOCK!」のパーソナリティ、とーやま校長とよしだ教頭が「本日のゲスト講師、高橋優先生!」と呼び込み、主題歌を担当した高橋優が登場すると、生徒たちから大歓声があがった。

高橋優、「陽はまた昇る」生披露!神木隆之介、橋本愛も大感激
映画の感想を聞かれた高橋は、「僕は映画好きって公言してるんですけど、自分が主題歌をやっているとかそういうことは関係なく、すっごく面白かった。前田(神木隆之介)の友達の映画部のタケフミに共感してます。“おまたー”(タケフミの台詞)ってやってます(笑)」。そしていよいよ、この日発売となった映画主題歌「陽はまた昇る」の生歌披露。映画に触発されて書き上げた胸に響く歌詞、あらあらしくかき鳴らすギター、魂のこもった力強い歌声に観客全員が聴き入った。

さらに続いて、「もう1曲歌わせてください。ロンドンで輝いた友へ。世界で闘う入江陵介くん(ロンドンオリンピック競泳背泳ぎ日本代表)にエールを贈りたくて書いた曲なんですが、あんなふうに彼の頑張ってる背中を見せられると、こっちが反対に勇気や元気をもらった」と、「陽はまた昇る」のカップリング曲でもある「旅路の途中」も披露。歌い終えた高橋は、実際にロンドンへ赴き、入江選手の100メートルの予選・準決勝・決勝を応援し、銅メダル獲得の瞬間をその場で観ていたという話から、なんと入江選手のご両親とレース前とレース後に食事をし、レース後には一緒に祝杯をあげたというエピソードも明らかにした。

そしてここで観客にさらなる嬉しいサプライズ!「実は、この映画のキャストの皆さんが一緒に客席で聴いていたんだぞ!」という校長の言葉とともに、神木隆之介、橋本愛らキャストたちがステージに登場し、客席はさらにヒートアップ。実は神木らキャストたちが主題歌「陽はまた昇る」を生で聴くのはこの日が初めて。高橋の生歌を聴いた感想を神木は「鳥肌が立ちました。なんだか曲という感じじゃなくて、映画の一部のような気がしてくるんです。熱い想いが伝わって来て感動しました」と語った。

橋本愛は、高橋が撮影現場に来て、生で「福笑い」を歌ってくれたというエピソードも披露し、「泣きました。生だからダイレクトに胸に響いて。今も泣くのをこらえるのが大変でした」。続いて大後寿々花は映画について「どなたが見ても共感できる映画なので、1人でも多くの人に見て欲しい」。そして「(映画初出演だったので)映画の事が何もわからなかったけど、キャストやスタッフの皆さんに助けられた」(東出昌大)、「(公開を前にして)ワクワクしてる」(清水くるみ)、「映画って過酷って思ったけれど、スタッフ・キャストの優しさで乗り越えられた」(山本美月)、「撮影中は合宿みたいで楽しかった」(松岡茉優)とそれぞれに語り、最後は神木が「ワクワクどきどき、期待と不安が入り交じってますが、8月11日の初日を無事迎えられたらと思います。そして今日見てくれた皆さんは、もう僕たちと同じ学校の生徒。ちょくちょくぜひ遊びに来てください」と締めくくると、会場からはふたたび歓声があがった。

そしてイベントの最後は、観客と一緒のフォトセッション。「ガンバレ、日本!ガンバレ、青春!」のボードを手に、ロンドンで活躍するオリンピック日本代表と、日本全国の青春まっただなかの中高生たちの未来に熱いエールを贈り、“日本チャチャチャ、青春チャチャチャ、桐島チャチャチャ”と会場全員で声を揃え、熱気の中でイベントが終了した。
2012年8月9日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『桐島、部活やめるってよ』
2012年8月11日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー
公式サイト:http://kirishima-movie.com