ニュース&レポート

アンジェリーナ・ジョリー、ブラピとともに『カンフー・パンダ2』LAプレミアに登場

カンフー・パンダ2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ドリームワークス アニメーション最新作『カンフー・パンダ2』のプレミアが、アメリカでの公開(5/26)を前にハリウッドのチャイニーズシアターで行われ、ジャック・ブラック、アンジェリーナ・ジョリーら声優陣がレッド・カーペットに登場した。
アンジェリーナ・ジョリー、ブラピとともに『カンフー・パンダ2』LAプレミアに登場

全米公開の直前となる、5月22日(LA時間)、ハリウッドのチャイニーズシアター前で行われたLAプレミアには世界中のメディアが集まり、メインストリートを完全に封鎖して行われたレッドカーペットイベントには、1,000人を越えるファンが駆けつけた。

アンジェリーナ・ジョリー、ブラピとともに『カンフー・パンダ2』LAプレミアに登場
会場には、声優を務めたジャック・ブラック、アンジェリーナ・ジョリー、ダスティ・ホフマン、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ル—シ—・リューら主要ボイスキャストと、ジェニファー・ユー・ネルソン監督が登場。アンジーはブラッド・ピットと共に、ジャン=クロード・ヴァン・ダムは息子と娘を連れて現れ、集まった観客からは激しい歓声があがった。

主人公のパンダ、“ポー”を演じるジャック・ブラックは、本作のテーマについて、「自分自身に正直でいること。そして、今を大切にすること。過去や未来にとらわれずに今を大切にすることが、心の平和を得るための秘訣だよ。それが、主なテーマで、持って帰ってもらえるメッセージなんだ」と力説。

前作に続き日本語版で主役を務める山口達也について、「イエス!ぼくの仲間だ!(彼が映画のPRを頑張ってくれるように)願ってるよ。タツヤ!タツヤ!ポーのシャツを着ているといいな。なぜって、彼は前に会った時、「こいつを見てくれよ。この役者は、映画の宣伝をするのにカンフー・パンダのTシャツを着ているんだぜ」って、僕のことをからかったんだよ(笑)。彼(タツヤ)は、自分(カンフーパンダ)のシャツを着ているべきだね。さもなければ、、、。ぼくは脅かしてるわけじゃないよ(笑)」と、前回からかわれたことを根拠に、独自のユーモアで山口へエール。日本のファンに向けては、「ハロー、日本のファンのみなさん。「カンフー・パンダ2」を観に行って下さい。一作目よりもさらにいいんですよ!みなさんとみなさんのご家族に、ぼくの愛と支援の気持ちをお送りします!」とメッセージを送った。

ポーの師匠、シ―フー老師役のダスティン・ホフマンは、「もし、続編をやることが出来たら、ぼくは今回よりも4フィート背を高くなって、鼻の整形手術をやりたいよ。そうすれば、シーフーは主演候補になれるかもしれないからね。それまでは、この映画を楽しんでもらいたい。(見どころ?)僕が出ているところすべてだよ(笑)」と、こちらもユーモアたっぷりにコメントした。

カンフーの達人マスタ―・ワニを演じるジャン=クロード・ヴァン・ダムは、本作への出演について、「グレイト!僕は選ばれたんだ。僕や子供たち、家族へのギフトだったよ」と、久々のハリウッド大作への出演を心から喜んでいる様子。レッドカーペットでは、日本のカメラに向かって、「彼ら(息子と娘)は東京が大好きなんだ。彼はビデオゲームが好き。娘はファッションとアクティングが大好きなんだ。日本にはそういうインテリジェンスがあるんだよ!」と映画の話そっちのけで話す程、家族そろっての日本好きの一面を披露してくれた。

アンジェリーナ・ジョリー、ブラピとともに『カンフー・パンダ2』LAプレミアに登場
また、アンジェリーナ・ジョリーは、ブラッド・ピットを伴って登場。ブラピは、カンヌ国際映画祭のコンペティション部門発表直前に、本イベントに登壇しており、観客からの、記念撮影&サインのリクエストに気軽に答えていた。この後、カンヌ国際映画祭で主演作『ツリ―・オブ・ライフ』のパルムドール授賞が発表された。

この日の会場では、招待客が楽しめるさまざまなゲームが用意されていた他、中国のマーシャルアーツの生徒たちも来場。LAの街中は、巨大看板や、電光掲示板にバスのラッピングなど、至る所に『カンフー・パンダ2』が掲出されるなど、プレミアに相応しい華やかな演出がなされていた。
2011年5月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『カンフー・パンダ2』
2011年8月19日(金)より新宿ピカデリー他全国ロードショー
公式サイト:http://www.k-panda2.jp/