ニュース&レポート

前田敦子&成宮寛貴、台湾上陸にファン1000人が熱烈歓迎!『クロユリ団地』in 台湾

クロユリ団地

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
18日(土)より公開された中田秀夫監督最新作『クロユリ団地』が同日、台湾でも上映スタートし、中田監督とW主演の前田敦子、成宮寛貴が、台湾での初日舞台挨拶及び記者会見に出席した。
前田敦子&成宮寛貴、台湾上陸にファン1000人が熱烈歓迎!『クロユリ団地』in 台湾

映画『クロユリ団地』は、中田監督自らが「中田ホラーの集大成」と称し、脚本家とともに紡ぎだしたオリジナルストーリー。日本中にあるありふれた景色でありながら、同じ形の建物が並ぶ奇妙さ、隣に誰が住み、何をしているか分からないという不気味さを併せ持つ空間・団地。その団地を舞台に、現代社会で多くの人が抱える「孤独」が呼び寄せる恐怖の連鎖を描きだす。

18日に初日を迎え、日本で舞台挨拶を行った3人はすぐに台湾へ飛び、空港で約1000人のファンに迎えられた。空港では「あっちゃん!」「ナリ!」という歓声が響きわたり、現場は一時騒然となるほどの盛り上がりを見せた。18:30より「in89 Digital Cinema」にて行われた記者会見では、成宮が「ダージャーハオ ヲースーNARI(皆さんこんにちは。NARIです)」と中国語で挨拶。前田も「ダージャーハオ ヲースーあっちゃん。ウォーアイニーメン(皆さんこんにちは。あっちゃんです。みんなのこと愛してるよ)」と笑顔を振りまき、会場を沸かせた。

空港でのファンの歓迎を振り返り、「台湾でこんなにたくさんの方が笑顔で迎えてくれて、頑張ってきて良かったと思いました。グループのときは来ることができませんでしたが、こんなに早く独り立ちして、こんな形でみなさんに会いに来れると思ってなかったので、本当に嬉しい」と前田。中田監督は、「台湾に来るのは3回目なんですが、今回が一番熱烈でした。僕自身もボディーガードをやったりして楽しかった。皆さんの熱い思いを受け止めさせていただきました」。成宮も「プライベートで旅行する時はこうはならないですよね(笑)。こんな風に待っててもらえると思っていなかったので、とても嬉しいです」と喜んだ。

初めての台湾となる前田は、「中田監督が、美味しいところがたくさんあるとおっしゃっていたので、今夜が楽しみです」と話したほか、「どんどん綺麗になっているが、どんなケアやトレーニングを?」との質問には、「今日こうして台湾の皆さんに会えるということで、昨日の夜はジムに行って、トレーニングをして万全の状態で来ました」と、前日から気合い十分だったことを明かした。

会見の最後には、成宮が「きっと台北にも団地がありますよね。身近な題材でもあるので、みなさんも楽しんで、怖がってもらえると思う。怖いだけじゃなく、孤独な魂の共演も描いているので、その点も観ていただければ」と映画をアピール。会場からの「秀夫ちゃーん」と言う声援を聞き逃さなかった監督は、「秀夫ちゃんでーす」と喜び、「今回オリジナル作品ですが、この後も続きがあるかなぁと思っています。みなさんに応援してもらえれば…」と続編製作も示唆。前田は「後半になるにつれ、それぞれの登場人物の孤独や悲しみがにじみ出てくるので、そのあとの感動という部分を感じていただければと思います」とアピールした。


続いて、20:00より「Showtime Cinema」での上映終了後に行われた舞台挨拶では、中田監督が客席へ向けて感想を聞くと、会場から「ミノルが怖かった」「あっちゃんが1人で寂しかった」と声があがった。すると監督は、胸ポケットに入れてあったミノルのぬいぐるみを手にし、「僕、ミノル。今回は来れなかったけど、次は来るね」とおどけてみせ、会場を笑わせた。

熱気あふれる会場を見渡した前田も「この歓迎は、映画が楽しかったというテンションと思っていいんですよね?」と問いかけると、会場から大きな拍手。さらに成宮も、「お腹が空いてます(笑)皆さん何がおすすめですか?」と問いかけ、客席が「飲茶、小龍包!」と答えた。さらに成宮は、「日本好きですか?あっちゃんのこと好きですか?」と叫ぶと、会場が大歓声に包まれ、「この映画を愛してもらえたら、僕たちもまた台北に来るチャンスができると思います。今日はありがとうございました」と、それぞれが舞台上からコミュニケーションをとり、ファンを喜ばせた。
2013年5月20日
『クロユリ団地』
2013年5月18日(土)崩壊
公式サイト:http://www.kuroyuri-danchi.jp