ニュース&レポート

エミール・クストリッツァ&ザ・ノー・スモーキング・オーケストラ来日スペシャルライブ開催

オン・ザ・ミルキー・ロード

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
9月15日(金)より公開されるエミール・クストリッツァ監督最新作『オン・ザ・ミルキー・ロード』。本作の公開を記念し、9月2日(土)に、エミール・クストリッツァ監督が率いるバンド“ザ・ノー・スモーキング・オーケストラ”が来日し、Zepp TOKYOにて一夜限定のスペシャルライブを開催した。
エミール・クストリッツァ&ザ・ノー・スモーキング・オーケストラ来日スペシャルライブ開催

ザ・ノー・スモーキング・オーケストラの来日は2008年以来、9年ぶり二度目。クストリッツァの故郷であるバルカン半島を発祥とするジプシー・ミュージックにスカ、ハードロックなど様々なジャンルを混ぜ合わせた“ウンザ・ウンザ・ミュージック”で知られ、世界的な人気を誇る。

今回、クストリッツァ(vocals/guitar/percussions)をはじめ、計9名のバンドメンバーが来日した。約1500名の大歓声に迎えられたクストリッツァとバンドメンバーたちは、オープニングからノリノリ!「jaguar」で幕を開けると、クストリッツァはすぐにバンドメンバーの紹介をはじめ、最後に「My name is Emir Kustrica! This is The No Smoking Orchestra!」と名乗りを上げ、序盤から会場は熱狂に包まれる。そして「一緒に楽しもう!」と人気曲「MTV」を演奏し、クストリッツァはドラムを披露。サビの部分を観客も一緒に熱唱し、会場は一体となった。

エミール・クストリッツァ&ザ・ノー・スモーキング・オーケストラ来日スペシャルライブ開催

続いて、次々と女性客を客席からステージに引っ張り上げ、クストリッツァはステージ上でタバコをふかしながら、ステージに上がった女性たちで即席のダンサーチームを結成。その場で自らが見本となってダンスを指導し、会場は笑いに包まれる。中盤の「Romeo」でも「日本のジュリエットが必要なんだ!」と客席の中から愛しの“ジュリエット”を見初めてステージに引っ張り、歌って踊ってとやりたい放題!曲と曲の間奏では一貫して「ピンクパンサーのテーマ」が使われ、途中、バイオリンの弓を口でくわえて演奏するなどの曲芸も披露し、ユーモアと茶目っ気たっぷりのMCを交えながら観客を熱狂へと巻き込んでいく。

終盤になると『アンダーグラウンド』でお馴染みの名曲「Drang Nach Osten」、『黒猫・白猫』から「Buba mara」などの名曲を次々と披露し、会場の興奮は最高潮に。クストリッツァは何度も「Tokyo!Tokyo!」と呼びかけ、そのたびに客席からは歓声がわき上がった。アンコールでは「Tarantela」、序盤でも披露した「Cereza」などを演奏。体を揺らし、絶叫し、熱狂の中で1時間半を超える熱演は幕を閉じた。

アンコール後、クストリッツァらメンバーが引き揚げた後も、観客はステージ前につめかけ、10分近くにわたって拍手とコールを送る姿が見られるなど、改めてクストリッツァ、そしてザ・ノー・スモーキング・オーケストラのファンの熱さをうかがわせた。
2017年9月4日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『オン・ザ・ミルキー・ロード』
2017年9月15日(金)~TOHOシネマズ シャンテ他にて公開
公式サイト:http://onthemilkyroad.jp/