ニュース&レポート

『LEGO(R) ムービー』LAプレミアにモーガン・フリーマン、ウィル・フェレルらが登場!

LEGO(R) ムービー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
LEGO(R)キャラクターのアドベンチャーを描いた史上初の長編映画『LEGO(R) ムービー』(3/21公開)。2月7日(金)の全米公開を目前に控え、現地時間2月1日(土)、L.A.プレミアが華々しく開催された。
『LEGO(R) ムービー』LAプレミアにモーガン・フリーマン、ウィル・フェレルらが登場!

『くもりときどきミートボール』『21ジャンプストリート』のフィル・ロード&クリストファー・ミラー監督&脚本による本作は、LEGO(R)ブロックの世界観に基づいたストーリーに、複数の新しいキャラクターのほか、レゴ(R)ワールドでも特に人気のキャラクター・フィギュアが登場。これまで観たことのないユニークな“レゴ(R)ワールド”映像を体験することができる。

2月1日(土/現地時間)、ロサンゼルスのThe Regency Village Theaterで行われたプレミアには、LEGO(R)ブロックで作られたアーチやエメット人形が立ち並び、まさに『LEGO(R) ムービー』の世界そのものを再現する熱の入れようで、人間がLEGO(R)ブロックの世界に飛び込んでしまったかのような印象だ。

『LEGO ムービー』L.A.プレミア『LEGO ムービー』L.A.プレミア
そんな中に、ボイスキャストである人気俳優たちが結集。主人公・エメットの一番の敵となるおしごと大王役のウィル・フェレルは、「私が演じた“おしごと大王”のキャラクターが好きだよ。アニメーションの声優は3回目。(自分の)子どもたちにこの作品は絶対に出るべきだよ!と後押しされたんだ」と出演の経緯を語りながら、「子供たちが映画を見てどんな反応をするかが楽しみだ」とコメント。

アニメ声優初挑戦となり「とっても楽しかったよ」と振り返ったモーガン・フリーマンは、「プレミアはとってもエキサイティングで、ここにいるみんな『LEGOムービー』を楽しみにしているね」と喜んだ。

そしてフィル・ロード&クリストファー・ミラー両監督は、「4年前に企画を始めて、やっと出来あがった!体の動きの表現が限られた、腕と頭しか動かせないようなLEGOのキャラクターに、小さな小さなキャラクターに、まるで人間のような感情を持たせた事が冗談みたいだろ?(笑)そんな冗談みたいな事を成し遂げた素晴らしいキャストと才能溢れるスタッフのお陰だ」と、製作を振り返りながらスタッフとキャストの労をねぎらった。

会場には、ほかに主人公・エメット役のクリス・プラット、エリザベス・バンクス、ウィル・アーネット、ニック・オファーマン、チャーリー・デイ、アリソン・ブリー、コビー・スマルダーズ、ヤーデン・サンド、ダン・リン、マーク・マザースボウ、クリス・マッケイらが出席。さらに、いち早く話題作をチェックするために訪れたセレブリティたちの姿も。マーク・ウォルバーグも登場し、スターの到着を待つ観衆たちから歓声を浴び、会場は大いに盛り上がった。
2014年2月4日
『LEGO(R) ムービー』
2014年3月21日(金・祝)新宿ピカデリー他 全国ロードショー 3D/2D同時公開
公式サイト:http://www.legomovie.jp