ニュース&レポート

「No More 映画泥棒」のカメラ男が御用!世界知的所有権の日『リンカーン』記念上映会

リンカーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
4月26日「世界知的所有権の日」にあわせ、日本国際映画著作権協会 主催の映画『リンカーン』上映会イベントが、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、米国大使館・ジョン・V・ルース駐日米国大使が出席。マナー啓蒙CM「No More 映画泥棒」でおなじみのカメラ男・パトランプ男も登場した。
「No More 映画泥棒」のカメラ男が御用!世界知的所有権の日『リンカーン』記念上映会

日本国際映画著作権協会(MPA/JIMCA)主催で行われたこの日のイベントでは、上映前に、後援の米国大使館・ジョン・V・ルース大使より知的所有権についてのスピーチが行われた。同協会の味村隆司氏から紹介されたルース大使は、「私は2回リンカーンを見ました。今年の世界知的所有権の日のテーマは創造です。本作はまさにふさわしい作品だと思います。映画はクリエイティブで革新的な産業の一つです。数年前には考えられなかった洗練された技術で人々を魅了しています。しかしそれはたやすいことではなく、ただでは手に入れられないものです。海賊版は資源・考案者の努力を損なう行為です。映画製作者も自由にコラボした効果的なイノベーションが保護されると確信できなくてはなりません。

MPAが昨年の東京国際映画祭で公表したレポートによると、2011年映画テレビ産業の日本での経済貢献は総額5.4兆円です。本来ならもっと多いはずです。海賊版が制作されていることで、2010年から2011年の1年で560億円が損害しています。違法な無料ダウンロードがされることで、実際に金銭的損失が起きているのです。リンカーンは米国大統領唯一の特許保持者でしたが、知的所有権に対する考えは映画だけではなく、音楽、ファッションなど様々な分野にも通じています。まさに著作権保護こそイノベーションと経済発展の環境維持のカギなのです」
と知的所有権保護の重要性を力説した。

「No More 映画泥棒」のカメラ男が御用!世界知的所有権の日『リンカーン』記念上映会
スピーチを終えようとしたルース大使だが、座席にいる不審なカメラ男に気づき、「頭がカメラのような人の前で話すのは初めてです!立っていただけますか?」と話すと、おもむろに立ち上がり場内を撮影しはじめたのは、映画館のマナー啓蒙CM「No More 映画泥棒」でおなじみの「カメラ男」。すぐに「パトランプ男」も登場し、嫌がる「カメラ男」を取り抑えるという寸劇が披露され、会場が盛り上がった。

最後に味村氏は、「私たちのゴールは、エンターテイメント市場の拡大です。これは両国の経済発展につながります。また、クリエイターに発表する機会を与えることができます。これらには著作権の保護が不可欠です。現在、奴隷制度を賛成する人はいませんが、リンカーンの時代にはそれを必要と思う人がいました。今の時代にも、侵害行為を軽い気持ちでする人が一定数います。私たちは違法ダウンロードしないことを考えてもらえるよう努力していきます。みなさんにいろんな人にやめるよう伝えて欲しいです」と呼びかけた。
2013年4月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『リンカーン』
2013年4月19日(金)TOHO シネマズ日劇他全国公開!
公式サイト:http://www.foxmovies.jp/lincoln-movie/