ニュース&レポート

ジョニー・デップ、10度目の来日!成田空港に1,200人のファンが集結

ローン・レンジャー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
8月2日(金)より公開される映画『ローン・レンジャー』のPRのため、16日(火)、ジョニー・デップがLAからプライベート・ジェットで成田空港に到着。待ち構えた約1,200人のファンに迎えられ、丁寧にファンサービスを行った。
ジョニー・デップ、10度目の来日!成田空港に1,200人のファンが集結

『パイレーツ・オブ・カリビアン』3部作のプロデューサーのジェリー・ブラッカイマー、監督のゴア・ヴァービンスキー、ジョニー・デップによる最新作『ローン・レンジャー』。この最強メンバー揃っての来日は『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』以来約6年ぶり。今回は、ローン・レンジャー役を演じたアーミー・ハマーも共に来日。ジョニー以外の3人は16時に羽田空港に到着したが、ジョニーは混乱を避けるため、時間差で18時8分にプライベート・ジェットで成田空港に到着し、ファン約1,200人の前に姿を現した。

白のシャツに、グレーのベスト、ジーンズ、トレードマークの帽子を被ったジョニーが到着すると、成田空港第一ターミナルの到着ロビーには割れんばかりの大歓声が響き渡った。ファンサービスに熱心なジョニーは、約100mにおよぶファンの歓迎の列の前を、ゆっくりと笑顔で手を振りながら、握手をしたり、小さな女の子の目線に合わせて膝をついた姿勢で応えるといった、ジョニーならではのファンサービスをしながら進んでいった。

また、マスコミの取材にも応え、「こんなにもたくさんの人が来てくれて、驚いたし嬉しかった。ありがとう」と感謝の言葉。日本のファンへのメッセージとして、「日々ちょっとした嫌なことがありますが、どんな時でも私はみなさんの側にいます。 あなたたちの友情と温かい声援を誇りに思います。今日ここに来られて嬉しいです」と話し、名残惜しそうにファンの方を振り返りながら、迎えの車に乗り込んだ。

この日空港に集まったファンの中には、前日から泊りがけで成田にやってきたという女性グループや、朝4時から待ちわびていたという親子連れなどもおり、ジョニー・デップ人気の層の厚さを感じさせた。また、本作でジョニーが演じる「トント」役のトレードマークの「カラス」を頭に乗せた女性グループや、ジョニーの写真をプリントしたオリジナルTシャツを着た女性や、トント風の衣装とメイクに身を包んだそっくりさんの男性もおり、注目を集めていた。

今回、ジョニーは娘のリリー=ローズ・メロディと、息子のジャック・ジョン・クリストファー、恋人で女優のアンバー・ハードと共に来日。ジョニー・デップをはじめ、アーミー・ハマー、ゴア・ヴァービンスキー監督、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーら4名は、17日(水)に行われる、『ローン・レンジャー』来日記者会見と、ジャパン・プレミアに出席する。
2013年7月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ローン・レンジャー』
2014年1月15日(水)MovieNEXで登場!