ニュース&レポート

栗田貫一&小林清志、ルパン三世 スピンオフ『次元大介の墓標』の魅力を語る

LUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
6月21日(土)より期間限定特別上映予定の映画『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』のアフレコが行われ、ルパンIII世を演じる栗田貫一、次元大介を演じる小林清志、監督の小池健のコメントが到着した。
栗田貫一&小林清志、ルパン三世 スピンオフ『次元大介の墓標』の魅力を語る

2012年深夜に放送された27年ぶりのTVシリーズ「LUPIN the Third 峰不二子という女」は、モンキー・パンチ原作に漂う危険なテイストを存分に活かし大きな話題を呼んだ。そのアダルトでヤバい香りに満ちた世界を引き継いだのが、シリーズ第2弾となる本作『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』だ。

今回の主役は孤高のガンマン・次元大介。ターゲット奪取作戦、強敵との対決、そしてルパンと「相棒」になっていく男の生き様を、ハードボイルドかつダンディズム満載のアクションで描き切る。監督は、前作「LUPIN the Third 峰不二子という女」でキャラクターデザインと作画監督を務めた小池健。また、『鮫肌男と桃尻女』『PARTY7』の石井克人監督がクリエイティブ・アドバイザーとして参加。脚本は、『相棒』シリーズや『TIGER&BUNNY』の高橋悠也、音楽に『REDLINE』『PARTY7』ジェイムス下地を迎え、陰影の深いアダルトな世界観を盛り上げる。

栗田貫一&小林清志、ルパン三世 スピンオフ『次元大介の墓標』の魅力を語る

栗田貫一・小林清志&監督・小池健 アフレコ取材レポート


――本作はハードな印象の作品ですが、TVスペシャルなどと意識して演じ分けているところはありますか?
栗田貫一(以下栗田):やっぱり、ダークでダーティな感じかな? スペシャルなどでの関係とはちょっと違って、そこまで温まってない男同士っていうか。特に今回は、次元大介というガンマンとルパン三世が出会ってそれほど時間が経ってなくて、互いに信頼もしていなければ仲間意識もない、でも徐々にそれが芽生えていく過程にある。だからテンションもナァナァにならないように、ちょっと他人行儀というか、ライバル同士というか、そういうイメージで演じてますね。

小林清志(以下小林):昔はこういう人間同士の因果関係の話がよくあったんです。非常に面白いですよ。こういう話がまた出てきたのは嬉しいかな。意識して演じたりは特にないですけど。

栗田:タバコの匂いとか、拳銃から発射された感覚とか、車の音とかがするっていうか。

小林:昔は小物とか、そこに置いてあるものに対してものすごく神経が細かく行き届いていたんですよ。今回はその点がいいね。

栗田:タバコを吸って煙をくゆらせてる2人の関係があって、最後にライターのアップがくる。男くさい、悪いヤツどうしの友情みたいな。そこがよく出てる作品じゃないかな。こういうのはこういうのでやったほうがいいと思う。こっちのルパンが好きっていう人もかなりいると思うんですよ。ポップなルパンもいいけど、ダーティなルパンもいいというか。

小林:ダーティというか人間臭い。関係が人間臭いということですかね。ただ、オンエアできるかどうかというシーンがほかにありますね。逆に楽しみかな。

――小池監督、今回、監督のオファーを受けたとき、どのような思いを持ちましたか?
小池健(以下小池):『峰不二子という女』は、ルパンの一味が出会って間もない時期、という設定が魅力的だと思ってました。ルパンが主役でもう一回その時期のものを作ってみたかったので、ものすごく魅力的に感じて引き受けた作品ですね。

――ルパンと次元が相棒になっていくところが描かれるのはすごく魅力的ですね。
小池:どうやってルパンと次元が仲間になっていったのか、みんな知りたいんじゃないかと。ルパンの魅力に惹かれていく次元とか、次元がルパンと一緒に行動しはじめるきっかけなどを、しっかり描いていきたいなと思っていたんです。

――最後に栗田さんや小林さんにとって「相棒」とはどんな存在ですか?
栗田:最低でも自分と同等な力がある人間のことじゃないかな。ある瞬間から敵になれるくらい相対できるパワーをもってる同士が組まないと、相棒にはなれないのかなと。どちらかが少しでも劣っていると、助ける人と助けられる人になっちゃうので。だからその間にはいつも、どこかに緊張感があるんじゃないかな。

小林:昨日の敵は今日の友っていう感じだよな。同じ目的に向かってひとつを成し遂げようとするんだけど、それぞれ主張があって、それが重なり合っているわけじゃないんだよ。それが同じ仕事をしていくっていうことじゃないかな。それぞれ個性が生きてるとおもしろいよね。磁石の同極同士みたいに反発して離れる感じが少しでもあると、余計におもしろいという気がするね。
2014年4月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』
2014年6月21日(土)~27日(金)新宿バルト9にて期間限定特別上映
公式サイト:http://jigen-movie.com