ニュース&レポート

ボリウッドNo1女優来日イベントに安倍昭恵総理夫人ら登壇!映画『マダム・イン・ニューヨーク』

マダム・イン・ニューヨーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
6月28日(土)より公開される映画『マダム・イン・ニューヨーク』の主演女優・シュリデヴィが来日し、インド大使館にて公式記者会見に出席。会見後に行われたトークイベントには花田景子とアグネス・チャンが出席し、安倍昭恵内閣総理大臣夫人もお祝いに駆けつけた。
ボリウッドNo1女優来日イベントに安倍昭恵総理夫人ら登壇!映画『マダム・イン・ニューヨーク』

映画『マダム・イン・ニューヨーク』は、英語が常識のインド社会で、家庭内でも子供や夫に引け目を感じている主婦が、NYの地で「英語」をマスターすることで、再び自分に自信を取り戻し、家族との関係を見つめ直していく物語。主演は、ボリウッド100年の映画史においてNO.1(インドのテレビ局CNN-IBNにて)に選ばれた「ボリウッドの美の化身」、シュリデヴィ。子役から活躍をはじめ、ボリウッドの看板を長く背負いながらも結婚後引退。本作で15年ぶりの銀幕復帰を果たした。

はじめにMCとして登壇した花田景子は、シュリデヴィの御年50歳とは思えないその美貌の秘訣について質問。これに対しシュリデヴィは、「本当は私の方が花田さんのような美しい人にお聞きしたいくらいです」とリップサービス。そして、「(美しさを保つ秘訣は)やはり、節度ある生活、規則正しい生活ですね。あとは心のありようも大切です。幸せな気分って顔に出るでしょう?あと、(映画本編にラドウというインドの揚げ菓子が出てくるけど)揚げ物はダメですよ(笑)」と語り、会場の笑いを誘った。

また、本作で15年ぶりに映画界へカムバックした経緯について尋ねられると、「最初に脚本を読んだとき、まさに私に向けて書かれた脚本だと思いました。それで是非出演したいと考えたのです。主人公のシャシはシンプルに暮らし、そして繊細な心を持った女性です。また私も彼女と同じく二児の母親ですし彼女の心情に共感できるところが沢山ありました」と語った。

公式記者会見後は、トークイベントを開催。冒頭、安倍総理夫人の安倍昭恵夫人が登壇し、会場を沸かせた。安倍氏は、今年1月の訪印時、日本映画を特集したインドの映画祭に招待された経緯があり、そのお返しとしてインド映画界へのエールと歓迎の意味を込め、シュリデヴィに花束を贈呈した。そして、その挨拶として「インドと日本の関係は益々深まっています。大切な友好国であるインド発のこの素晴らしい映画を多くの日本の方々に観て欲しいと思います。有能な女性がインドにも日本にも沢山いらっしゃいます。枠にはまらず、女性にはどんどん活躍していって欲しい。私も総理夫人という枠を打ち破って女性のために頑張ります」と語ると、会場からは賞賛の拍手が鳴った。

そして、トークイベントでは、シュリデヴィ、アグネス・チャン、そして花田景子それぞれが自身の「夫」について語ることに。「夫の一番好きなところは?」との質問にシュリデヴィは、「沢山ありすぎて困りますね。一番はいつもそばで一家の主として私を支え、惜しみない愛を家族に与えてくれることです」。一方、アグネス・チャン、そして花田景子は顔を赤らめながらも、「絶対に嘘をつかないところですね。できない約束はしないし、決めたことはやり通すところです」とアグネス。花田は、「親方はパブリックイメージとしては超真面目で家庭でも笑顔なんてめったに見せないと思われているかもしれませんが、とてもユニークで冗談が好きなんです。それにイタズラ好きですし。そういうギャップは惹かれますよね。そして一度決めたことは諦めない。その意志の強さも尊敬します。自分のことよりも、周囲の人を大事にできる器の大きさも好きです」と語った。

更に「夫からもらった一番のプレゼントは?」との質問に、アグネスは映画本編における主人公のスピーチの内容と絡めて、「ひとつはリスペクトの気持ち、そして平等ですね。ひとりの女性として私にリスペクトの気持ちをもってくれること、そして家事の分担等、平等に扱ってくれることです」と語り、「この2つの贈り物はすべての女性が男性からもらうべきです。そして男性はこの2つの贈り物をぜひ女性に与えてください」と語り、会場に集まった女性から拍手喝采が巻き起こった。

最後に花田は「自分を見つけることは、つまり自分を愛するということという映画のメッセージに私はとても感動しました。自分を愛することが自分の隠れた力を引き起こすって。是非多くの女性にこの映画を観て前向きな気持ちになって欲しいです」とメッセージを送った。
2014年5月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『マダム・イン・ニューヨーク』
2014年6月28日(土)、シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
公式サイト:http://madame.ayapro.ne.jp