ニュース&レポート

『マレフィセント2』アンジェリーナ・ジョリー&エル・ファニングがD23に登壇

マレフィセント2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
8月23日~25日(現地時間)の3日間に渡り米カリフォルニア州にて行われたディズニーファンの祭典「D23Expo 2019」にて、『マレフィセント2』のプレゼンテーションが行われ、主演および製作総指揮を務めるアンジェリーナ・ジョリー、オーロラ姫を演じるエル・ファニングらが登壇した。
『マレフィセント2』アンジェリーナ・ジョリー&エル・ファニングがD23に登壇

現地時間8月24日(土)10:00より開催されたプレゼンテーションには、キャストたちの姿を一目見ようと約7,000名ものファンが会場に集結。会場の全員が見守る中、「眠れる森の美女」が生んだ名キャラクターを再び演じた二人の女優が遂に登壇。真実の愛に目覚めた“美しきヴィラン“マレフィセントを演じるアンジェリーナ・ジョリーが登場すると、会場は歓喜に溢れ、スタンディングオベーションが沸き起こった。

アンジーはマレフィセントを思わせる、シックだが凛とした美しさが際立つ黒のドレスという装い。続いて、永遠の眠りから目覚めたプリンセス、オーロラ姫を演じるエル・ファニングが登場。エルは、まるでオーロラ姫がそのまま画面から現れたかのような、大きなリボンの付いたピンクの可愛らしいドレスを着て登場。その後、今作から登場する新キャラクターを演じた二人の名優ミシェル・ファイファーとキウェテル・イジョフォーも登壇し、集まったファンからは大歓声が沸き起こった。

誰もが知る大女優アンジーと、今や数多くの主演作を持つ女優となり、ファッションアイコンとしても世界的な人気を誇るエル。昨年5月、エル・ファニングのInstagramに、本作撮影現場でのアンジーとの和気あいあいとしたセルフィーがアップされた際には、2人の仲睦まじい様子に歓喜するファンのコメントが多く集まり話題に。アンジーはSNSアカウントを持たないスターとして知られているため、そのようなSNSへの登場は非常にレアで、エルとの深い関係性があってこそ。そしてその後、リアルな場での仲良し2ショットが今か今かと待たれていたが、このたびようやく実現し、公の場に2人が揃うのは久々の機会となった。

『マレフィセント2』アンジェリーナ・ジョリー&エル・ファニングがD23に登壇

オーロラ姫に実の娘のように深い愛情を注ぐマレフィセントと、常に見守る側に居てくれたマレフィセントに強い信頼と愛情を寄せるオーロラ姫。あたかも劇中の役柄を映すかのように、強い絆で結ばれている2人。アンジェリーナ・ジョリーは続編を作った理由を「とにかく彼女(マレフィセント)が恋しかった」と答え、更に今作について「マレフィセントとオーロラは前作で心を繋ぐことができました。彼女らは家族で、お互いを愛しています。今作でオーロラは成長し、ある危機に直面します。そして2人は離れ離れになることを強いられます。今作は、家族とは何かを語るもの。それは必ずしも血のつながりだけではないのです」と、マレフィセントとオーロラ姫の特別な絆、そしてアンジー自身が歩んできた人生とマレフィセントの生き方が重なるようなテーマを語った。

そしてエルは「1作目を撮影した時私は14歳、公開されたのは16歳の時でした。今私は21歳。まるでオーロラと同じように、人生の特別な時を振り返って見つめ直しているような気がします。1作目は私にとってかけがえのない体験だったので」と語り、前作でアンジーと出会い、そしてオーロラを演じ、その役とともに成長してきた感慨について語った。

◆登壇者の注目コメント

アンジェリーナ・ジョリー

・なぜマレフィセントは世界中の人々をこれほど魅了するのでしょうか?
彼女は生まれつき悪い人ではないの。彼女は人々を傷つけたいのではなく、自分が信じることのために戦う人なのよ。私たちは時に、自分の居場所がないように感じることがある。そして“人と違う”ことに悩みを抱える。マレフィセントは、その個性こそが大切であることを教えてくれて、その個性に居心地の良さを感じさせてくれる存在なのではないかしら。

エル・ファニング

・世界中でこんなに人々に愛されているオーロラ姫の魅力は何だと思いますか?
彼女は平和と愛の象徴のようなプリンセス。とても美しい優しさで、様々なことを受け入れる愛情を持っている。今私たちが住んでいる世界において大切な本当の強さを持っているのよ。

・映画『マレフィセント』のファンにメッセージを。
この映画をみなさんにお見せできることに、とても興奮しているわ。オーロラを再び演じることは、私のハートにとってとても特別なものなの。たくさんの新しいキャラクターもいるのよ。ミシェル・ファイファー、キウェテル・イジョフォーも出ているの。彼女たちは『マレフィセント』の世界を更に魅力的にしてくれたわ。そしてみんながお気に入りのディズニー・ヴィランについてもっと学ぶことができるのよ(笑)。
2019年8月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加