ニュース&レポート

高月彩良&有村架純『思い出のマーニー×種田陽平展』で映画の世界を体感!

思い出のマーニー

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
現在公開中のジブリ最新作『思い出のマーニー』の世界観を再現する『「思い出のマーニー」×種田陽平展』が、27日(日)より江戸東京博物館で開催。これを記念して、展示の監修と本作の美術監督を務めた種田陽平が、Wヒロインの高月彩良と有村架純そして米林監督と共に展示を巡る先行内覧会を実施した。
高月彩良&有村架純『思い出のマーニー×種田陽平展』で映画の世界を体感!

2010年の『「借りぐらしのアリエッティ」×種田陽平展』で小人の世界を巨大セットで再現した展示に続き、今回の展示では、美術監督として全カット・全シーンに関わることに初挑戦した経験を生かし、更に魅力あふれる展示となる。

そんな小道具や装飾のディティールに徹底的にこだわって創られた“思い出のマーニーの世界”の全容をWヒロインの高月彩良と有村架純が初体験。まるで映画から飛び出してきたような風景を目の前に、二人は目を輝かせた。

■高月彩良 コメント

(展示を見て)鳥肌が立ちました。湿っ地屋敷のジオラマを見たときに、(映画の中で)杏奈が驚いた顔をしたんですが、私も同じ顔になりました(笑)。仮組したセットを見学したときに、有村さんと一緒にサイロに行って怖がるシーンを再現して楽しみました(笑)。実写でマーニーの映画を撮影するならサイロのシーンを演じたいです。

■有村架純 コメント

杏奈の気持ちになってマーニーを探すことが出来るし、肌で体感できる展示になっていて驚きました。作品の中に入り込んだような気がして、すごくワクワクしました。サイロは、杏奈とマーニーの思いが詰まっていて、マーニーも新たな一面を見せる劇中で最も山場となる場所なので、サイロの展示を見た時が一番、アフレコ時に気持ちを入れ込んだことを思い出しました。

■米林宏昌監督 コメント

映画の中で湿っ地屋敷をものすごく沢山描いてますけど、このモデルが最初からあればもう少し描きやすかったのにと思いました(笑)それくらい精巧に作られていて、今まで画に描いていたものが現実にあると不思議な感覚になりますね。映画の中では描かれていない角度だったり、お屋敷の裏側を映画とは違う時間帯で見れるのでそういったところも楽しんでほしいですね。

■種田陽平 コメント

時間をかけて実写のスタッフがセットや小道具を何か月もかけて作ったり集めてきたり。実写用のセットでもここまで細かいとこまで作れません。このまま実写版の『思い出のマーニー』を監督に撮ってもらいたいですね(笑)
実写版の『マーニー』が作れるつもりで作りました。ぜひ、映画を観た後に来ていただきたいですね。より深い内容を知りつつ、この世界に入って貰いたいですね。杏奈の気持ちに深く根差した展示になってると思います。
そして最後にはもう一度映画が見たくなってくれたら嬉しいです。
2014年7月25日
『思い出のマーニー』
2014年7月19日(土)全国東宝系にてロードショー
公式サイト:http://marnie.jp/