ニュース&レポート

TKO木下、“ポスト笑福亭鶴瓶”の褒め言葉に大デレ『LOVE まさお君が行く!』大ヒット御礼舞台挨拶

LOVE まさお君が行く!

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
現在、全国公開中の映画『LOVE まさお君が行く!』の大ヒット上映を記念して、30日(土)、新宿ピカデリーにて大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、本作に出演したTKO木下隆行と、大谷健太郎監督が登壇した。
TKO木下、“ポスト笑福亭鶴瓶”の褒め言葉に大デレ『LOVE まさお君が行く!』大ヒット御礼舞台挨拶

映画『LOVE まさお君が行く!』は、テレビ番組の人気コーナーをもとに、ダメ犬まさお君(ラブラドール・レトリーバー)と売れない芸人松本君(香取慎吾)コンビの活躍を描いたハートフル・ドラマ。

劇中で、広末涼子演じる里美の兄・真一を演じた木下は、プライベートでは、ティーカップトイプードルを飼っていることを明かし、本作への出演をきっかけに「ワンちゃんと僕自身の関係が深くなった」と話し、「仕事で疲れた時や、スベり倒して帰ってきた時もちゃんと話を聞いてくれます(笑)」と愛犬との絆を語った。

一方、犬を飼ったことがないという監督は、映画でまさお君を演じたラブ君について、「ラブ君はワンちゃんである以上に、映画の主演男優なんです(笑)。何時間も撮影が押してしまうこともあり冷や冷やしましたが、必ず撮影の中で良い芝居、良い表情をしてくれるので、ストレスがたまらないんです。本当良い表情でこちらを見つめ返してくれるから、「ありがとうございました。お疲れ様でした。」という感じになりました」と、撮影中の微笑ましいエピソードを語った。

また、木下の演技力を聞かれた監督は、「ここまでくるのに凄く苦労されてると思うんですよ。人生の軌跡が顔や姿や存在に現れていて、俳優とは違う魅力とオーラがある。勿論、お笑いのセンスもあるわけですし、凄く貴重な方だと思います。“ポスト笑福亭鶴瓶さん”という感じがします(笑)」とベタ褒め。さらには、「(今後は)政治家の秘書など複雑な役柄で、社会派映画とかをやってほしいですね。元々スリムでかっこよかったですし、色気もある」と語り、木下を大いに照れさせた。

映画について木下は、「まさお君、香取さん、広末さん、僕、それぞれ違う目線で見れるので、是非、もう一度観てください!」とアピール。監督は、「自分の撮った映画を初めて息子(5歳)と一緒に行ったんですが、周りの子供達もすごく笑ってくれているかと思えば、年配のおじさんが涙を流していたり。ファミリーはもちろん、幅広い年齢層の方々も、友達同士で誘い合って楽しめる映画だと思いますので、是非皆さんも周りの方を誘って、“まさお君の輪”を作っていってほしいと思います」とメッセージを送った。

また、舞台挨拶終了後の囲み取材に応じた木下は、劇中で花嫁を演じたオアシズの大久保について、「周りには香取さん、広末さん、成海さんなどがいらっしゃる中、「こんなところにいていいのかな」という気持ちだったので、大久保さんはまさに“オアシス”といった感じ(笑)」と笑わせ、相方・木本との絆を、「14歳から友達でこの世界に一緒に入ったので、この間、相方が肺炎になってしまったとき、改めて大事だと思いました」と話した。

もし、お笑いと映画の仕事が同時に来てしまったら?との質問には、「この役をいただいたのも、お笑いの仕事をしていたからだと思うので、やはりお笑いの仕事を取りますね」と語りながらも、“芸人”と“役者”のどっちと言われたいかと聞かれ、「“役者”ですね!周りの環境もケータリングも全然違いますから(笑)」。さらに、「娘からは芸人よりも「こっち(役者)のパパの方が好き」と言われます(笑)」と愛娘とのエピソードも披露した。
2012年7月2日
『LOVE まさお君が行く!』
2012年6月23日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.love-masao.com